回春性感風俗エステ、回春性感マッサージ倶楽部のプレイ内容

女性求人はこちら

男性求人はこちら

女性求人はこちら

男性求人はこちら

乳首からじっくり責める

乳首マッサージ&リップ

回春マッサージ、性感マッサージとご説明させていただきましたが、具体的にどのようなマッサージがあるのか?そのマッサージによって得られる効果は?

と初めてのお客様なら気になると思います。

もちろん全身の筋肉を解し、オイルマッサージにてリンパを流していくのですが、注目すべきは当店の標準コースに含まれている「乳首マッサージ」です。

ただ触られるだけ、ただ舐められるだけでは満足できないお客様のために、是非クローズアップしたいのがこの乳首マッサージなのです。

当店の乳首マッサージは性感マッサージに含まれることにより、いきなり感じる部分を触ることはありません。

大事なところを避けるように遠い場所からマッサージしていき、焦らしながら徐々に局部へと近づいていきます。

またマッサージの際には独自のオイルを使用し、興奮・快感を更に高めていきます。

この乳首マッサージを「性感マッサージ」の一部として、他のマッサージと組み合わせることによって更なる快感を得られるのです。

睾丸もペニスもダブルで責めます

睾丸マッサージでは手こきと組み合わせることにより、更なる性感への刺激を感じることが出来ます。青春真っ只中な中学生のころ、あの驚くような射精量・精力を今でも忘れられない方は多いのではないでしょうか。

あの時のような全身で感じる快感を求めて、回春性感マッサージ倶楽部では日々研究を重ねております。更にリンパマッサージというものは、女性がダイエット目的に利用することが多いと聞きます。しかし回春性感マッサージ倶楽部は風俗店ですので、当然ながら行うリンパマッサージはダイエット目的ではありません。

一般的なマッサージ店との大きな違いは、当店はリンパマッサージを風俗店仕様で行います。

もちろんお客様は全裸になり、全身の性感帯へオイルを使用して行う、性感エステマッサージなのです。リンパマッサージの効果として、身体のむくみが取れたり、血流が良くなりリラックス効果があると言われていますが、回春性感マッサージ倶楽部のリンパマッサージは性感マッサージと組み合わせた内容で行いますので、しっかりリンパを通す場所があれば、性感帯を焦らすときもあったり…と、普通のマッサージ店ではまずやらないエッチな内容になっております

具体的な内容はここで書くよりもぜひ体感して頂ければと思います。

そして、意外と知られていないのが

「お尻のマッサージ」です。

事務職やデスクワークの多いお仕事など、長時間座りっぱなしなことが多い男性から密かに人気があります。一日中デスクに座りっぱなしだとお尻への負担は意外に大きく、それが「お尻マッサージ」が人気な理由のようです。

しかもこの「お尻マッサージ」はとても気持ち良く、マッサージ後にはお尻が軽くなったような爽快感を感じるお客様もいらっしゃいます。

長い時間椅子に座り続けることによって、お尻付近の血流は流れが悪くなります。

それにより、身体のだるさを感じたり、お尻の血流が悪くなることで下半身へのリンパの流れも悪くなります。そこで老廃物が蓄積されることにより、足のむくみの原因になったりします。

このような「体の倦怠感」また、「下半身のむくみ」が身体全体に悪影響を及ぼす前に、「お尻マッサージ」を定期的に行って、血流の改善をすることをお勧めします

男女共通の性感帯である乳首責め

回春性感マッサージ倶楽部では、性感エステの原点に返り、男性の体のあらゆる場所の性感帯を女性が探ります。

その中でも乳首は興奮時には勃起してしまう性感帯で、男性によっては女性よりも感度が高く、大きな快感を覚える人もいるようです。

その乳首を当店では、

触ったり、優しく撫でてみたり、 舐めたり、場合によっては 強く吸い上げたり

とお客様の好み・趣向性に合わせたマッサージを行います。この乳首舐めも他の性感マッサージと組み合わせることにより更なる効果を発揮し、より大きな快感を与えてくれます。

太ももの付け根部分を手や腕を使いマッサージ します。

そして性感マッサージならでは、 と呼べるマッサージが 「鼠径部マッサージ」です。

普通のマッサージ店では触れることも少ないのではないでしょうか。鼠径部とは太ももの付け根の部分を指し、男性にはたまらない性感スポットだと思います。

回春性感マッサージ倶楽部ではこの「鼠径部」を入念にマッサージします。

鼠径部にはリンパや神経が多く流れており、また精巣の通り道でもあります。

そこをマッサージすることにより、男性機能の改善や健康促進にも効果があります。

この「鼠径部マッサージ」なしに、性感マッサージは語れないと言っても過言ではありません。