京都 出張エステ|京都回春性感マッサージ倶楽部

エロ漫画 マッサージ

広島回春性感マッサージ倶楽部 グラビア
エロ漫画都のようなマッサージを・・・

「こんな淫らな女性なんかいるわけが無い!」

「これは痴女ではないかっ!」

その思いが心を駆け巡っている……

そう、私は今回春エステの出張サービスを注文している……

正直エステと言うものを誤解していたような気分になる、それはまるで官能小説のエピローグからプロローグまでこの90分に凝縮されている。

未知の道を進んでしまう背徳感は私の興奮度をさらに高める。

まるで異世界の神話生物にでも会った時のような、恐怖と興奮と感動が交わる異空間、それは涎が永遠に流れ続ける人間という生物の理性を否定する行為、それはまるでエロ漫画の一ページ、エロ漫画のマッサージシーンにも無い、事実は小説よりも奇なりと言うが、私を異世界に連れて行ってくれた女性はとても艶やかで色っぽく現代の日本の女性が無くしている何かを体言しているようだった、彼女がYesといえばこの世界も全てが嫌らしく官能的なYesになる、多分この文章を見ている人は私が中島らものようにぶっとんでしまったのかと感じるかもしれないが、実際のところぶっ飛んでしまった。

私の理性も本能も全て掌の上で操られる興奮、Sだと思っていた私が虜になる女性。

私に新しい快感を教えてくれた女性はエロ漫画じゃなくて実際にいる。それは京都だ、、それ以上ヒントをあげると私が予約を取れなくなってしまうから今日の話はここまでにしておきます。

ただ、長い人生、この宇宙とすら呼べる官能的な快感を理解できずに死んでしまう皆様の事を若干ながら哀れみたく思います。最後に一つ、抜くだけなら自分で充分だと言う事を忘れる私ではない。

それでは、さらばだ!

そんな時はこちら