美女と過ごす極上のひと時

女性求人はこちら

男性求人はこちら

女性求人はこちら

男性求人はこちら

上野のメンズエステで夢の体験。

2019.10.16
化粧をしていない女の子
私は北海道に住む、20代後半の男です。

趣味はゲームとイラストの制作で、年2回ほどイベントで作品販売もしています。

そのイベントは東京で開催されており、毎年イベント時は東京まできています。

その時、私は上野に住んでいる友人宅に滞在させてもらっています。



その友人は無類の風俗好き。

泊まる度に風俗へと連れて行かれ、イベントの前にはぐったりしていることもあります。

去年の冬も例に漏れず風俗に行く事へなったのですが、

ここではその時に利用したメンズエステについて、お話したいと思います。

このメンズエステ、私が今までに利用してきた風俗の中でも、

ダントツで素晴らしい風俗だったんです。




ちょっとウンザリしてましたが……


顔をかしげる女の子
私がイベントのために東京へやってきたのは12月のことでした。

いつものように飛行機に乗って東京へ来て、そのままタクシーで上野にある友人宅へと訪問。

出迎えを受けて部屋のなかに荷物を置いてとしていると、

「それ済んだらちょっといい所行こうぜ」

と、友人が風俗へ誘うときに使ういつもの一言が飛んできました。

正直な話、泊めてくれるのは嬉しいけれども毎度の風俗のお誘いにはすこしうんざり。

ついつい

「ちょっと疲れてるから今回は一人で行って」

と言ってしまったんですね。


そうすると友人は嬉しそうに、疲れているなら良い場所があるというではありませんか。

やらかした、そう頭の中で思いつつ、そこまで言うならもう行くしかない。

心を決めた私は荷物の整理を終え、家を出ようとしました。

しかしそこで友人からのストップが。

私におすすめの風俗は出張型、先に嬢や何やらを決めろとのことでした。

一体全体どんな店に連れていかれるのだろうかと考えていると、

私のスマホに友人から店のURLが送られてきました。


URLの先を確認すると、そこには巨乳專門のメンズエステのページが表示。

私自身メンズエステはこれまでに何度か利用した事があります。

しかしそこまで満足できた経験もなかったので、

この時はまだそこまでの期待はしてませんでした。

しかし嬢のページへジャンプ、在籍している子を見ていくとその気持もだんだんと

「良さそうだ」と変化し始めました。

というのも、多少加工がされているにしても嬢のスタイルなどがとてもよく、

これは結構期待できるかも、と思ったのです。

そんな中、私の目に一人の嬢が止まりました。





年齢は18歳とかなり若め、スタイルは超が付くほどに良く、

バストサイズはEカップと大きめ。

顔立ちも可愛い系で私の好みに刺さったのです。

ウンザリした気持ちになっていたとしても、

やはり美人のあられもない姿を見ると興奮はしてくるもの。

今回の風俗はこの子で楽しむ、そう決めた私は利用時間なども決定していき、

早速店舗へ電話をかけることに。





電話をかけてスタッフとやり取りを終えた私と友人は、

そのまま友人宅から少し歩いたところにある待ち合わせ場所へと移動。

このメンズエステは上野にある待ち合わせ場所まで行くと、

出張費が不要になるとのことでした。

これは嬉しいと一人喜びつつ待ち合わせ場所へと向かい、嬢が来るまで待機。

十分ほど待っていると、私のスマホに非通知で着信が。




電話に出ると指名した嬢からの連絡で、

どのあたりにいるのかというやり取りをしていると、

少し離れたところから女の子が駆け足気味にやってくるではありませんか。

遠くからやってくる最中、どんな子なのかと顔を見ていたのですが、

間違いなく私の今まで行ってきた風俗の中でもトップレベルの可愛さ。

こんな子とこれから楽しめるのか、一人テンションを上げつつ軽く挨拶などをして、

私は嬢とホテルへ移動したのでした。






テクニックも最上級!


羽織の前をしめようとしている女性
ホテルへと移動をした後、嬢に代金を支払った私は、

シャワーを浴びてサービスの準備をする事に。

この段階で私の中での期待はどんどん膨れ上がった状態。

これから先どんなことをしてもらえるのだろうか。

どんなサービスを受けられるのだろうか。

そう思いつつシャワーで汗を流して部屋へ戻ると、

ホームページに載っていた殆ど隠れていないビキニを身に付けた嬢が待っていました。

そしてベッドへと乗った後、そのままサービス開始となったのでした。




嬢の身体にマッサージ用オイルを塗ってからサービスが開始となるようで、

私にオイルの入ったボトルを手渡した嬢は

「好きなだけ塗ってくださいね?」

と笑顔で告げてきました。

こんなこと言われたら遠慮はしない、私は手にドプッとオイルを出し、

そのまま嬢の身体にヌルヌルヌメヌメとオイルを塗りつけ始めました。

Eカップって持ち上げるとこんなに重いんだな、

と一人謎の関心をしつつバストにも丹念に塗りこんでいくと、

嬢の口からはくすぐったそうな笑い声と微かな喘ぎ声。




こんなものを聞かされて興奮しないわけもなく、

サービスが始まる前から私のアソコはガッチガチ。

「まだ始まってないのにー」

とおかしそうに嬢が笑い、私も釣られて笑い……としながらオイルを塗りこんだ後は、

そのままマッサージが始まりました。



初めは体を優しく押してほぐしてくれるマッサージ。

今までの風俗ではそこまでしっかり効いているとは思わなかったのですが、

この時に受けたマッサージは奥の方までゴリッと効くマッサージでした。

飛行機や車での移動で身体中ガチガチになっていた身体がほぐされていくと、

口からは

「あ゛ぁぁ゛……あぁ゛……」

なんて情けない声が。

(やっぱり私疲れてたんだな、移動長かったもんな。)

そう思いつつ全身をほぐしてもらっていました。

そんなわけで解され終わった後、いよいよ本番のエロいマッサージがスタート。

嬢が私の上に覆いかぶさり、身体をピッタリと密着させて、

そのまま全身をこすり合わせ始めました。

私の決して引き締まってはない胸と、嬢のEカップが密着し潰れる様子は、

見てるだけで興奮する光景。




嬢のむっちりとした太ももに無意識でアソコをこすり付けるように動いてしまい、

嬢からのストップがかけられてしまいました。

ダメですよ?なんて優しく注意を受けた後、嬢が私の手を自分の胸に当て、

「はい、どうぞ?」

と優しい一声、遠慮せずにモニュモニュタプタプと揉みしだいていると、

嬢は私の乳首を舌と手で責め始めるじゃないですか。

「ん゛っ、ふっ……っ、おっ……」

口から漏れるは私の汚い喘ぎ声、嬢が堪えきれずに噴き出してしまいましたが、

そのままサービスは続行。

上に乗られて擦られたり、キワの所で焦らされたり、

時間いっぱい焦らしに焦らされた私はもう爆発寸前。




このままじゃあ私は家に帰れない、そう思っていると最後のサービスとして、

オプションの「トリップスキンフェラ」がスタート。

私のアソコにローションを詰め込んだスキンをかぶせて、

そのままフェラをし始めてくれました。

この時の気持ちよさ、思い出すだけで勃起するくらいに凄まじいものでした。

本当に私のアソコが溶けてるんじゃないかと思うほどの刺激。

我慢しようと思ってもできない気持ちよさ。

あっという間に昇天することになりました。





今年もお世話になります!


海岸で座り込む女性
以上が私の利用した、上野にあるメンズエステの話でした。

利用後の話を簡単にすると、ホテルから出た時には先に友人が待っており、

私に良かっただろ?なんてことを言ってきたので、

凄いところを紹介してくれてありがとう、

と礼を言いながら、友人宅に帰ったといった感じです。




さて、あの上野にあるメンズエステですが、

私がこれまでに利用してきたどんな風俗よりも気持ち良かったです。

東京から北海道に帰ってからも忘れられず、

次上野に行った時にもまた利用しようと、

ずっと考えています。



次に上野まで行くのは夏、もしくは冬になりそうで、

早くその時が来ないかとワクワクしています。

上野のメンズエステ、もし使ったことがないならぜひとも使ってみて貰いたいですね。

本当におすすめです。
コチラの記事がいいなと思ったらスター(いいね!)しよう
いいね! 0

そんな時はこちら