池袋の洗体風俗店の魅力って?

ブランド

池袋の極上サービスで癒しのひととき

2018.02.28
ニット帽をかぶった女性
風俗嬢に身体を洗ってもらうだけの洗体風俗店にはどのような魅力があると思いますか。

身体くらいなら自分で洗えるからわざわざお金を払う意味が分からない、という人も多いですよね。

例え体験コースを利用したとしても1回で5千円以内を払わなければならず、あまりお金がない人からするとかなりの出費です。

それでも池袋の洗体風俗店だからという理由で通い続けている男性も大勢います。

何が彼らを惹きつけるのか池袋の洗体風俗店ならではの魅力と良さを確かめて下さい。

 

 


巨乳嬢による胸を活かしたサービス


池袋は巨乳の風俗嬢が多いことで有名で、そこまでメジャーではない洗体風俗店にも巨乳嬢は在籍しています。

池袋の洗体風俗店に在籍している風俗嬢のほとんどは巨乳となるため誰を指名しても大きな胸に癒されるのです。

いちいちあれこれとお店の公式サイトで風俗嬢について調べる必要はありません。

確実に巨乳風俗嬢に相手をしてもらえるでしょう。

 

そして、池袋の洗体風俗店では巨乳を活かしたサービスを受けられます。

洗体風俗店だからといって風俗嬢にただ身体を洗ってもらうだけで終わりではないのです。

巨乳だからこそ可能なサービスをいくつも施してくれるでしょう。

 

まず王道な巨乳を利用したサービスではパイズリがあり、マシュマロのように柔らかくて大きな胸に男性器を挟んでシゴいてくれます。

弾力ある胸に包まれると何とも言えない心地良さを感じられ思わず射精したくなるでしょう。

池袋の洗体風俗店で受けられるサービスとしては中々極上なものになります。

 

続いて、スポンジの代わりとして胸を使う洗い方も池袋の洗体風俗店では行うのです。

スポンジとはまったく違う感触にドキドキしてしまいあまりサービスに集中出来ない人もいるのではないでしょうか。

女性の柔らかな胸の感触を目一杯感じて下さい。

 

 


洗体後のマッサージで癒される


洗体後は軽いマッサージを受けて終わりとなり、それが好きで常連として通い続ける男性がいるほどです。

シャワー室で上記で紹介したようなサービスを受けた後でのマッサージは最高で、まさに天国にいるかのような気分でしょう。

 

池袋の洗体風俗店はシャワー中のサービスのテクニックと同じくらいマッサージについても力を入れているため質の高いマッサージのお陰で身体はかなり軽くなります。

風俗嬢によってはプロと変わらないレベルのマッサージ技術を身に付けているのです。

自分で独自に研究をして身に付けた嬢もいれば、お店の講習で学んだ風俗嬢までいます。

 

池袋の洗体風俗店はどこのお店よりも客入れを良くしようと考えているため風俗嬢への教育を徹底して行なっているのです。

そのため、誰を指名してもマッサージ技術、お風呂でのサービス共に優れている風俗嬢しかいません。

俗に言う地雷嬢に会う確率が限りなく低いのです。

お金を払い利用する側としてこれほど安心するジャンルのお店はないでしょう。

 

池袋はマッサージ中も胸を活かしたサービスをしてくれることで有名です。

お腹にまたがりわざと揺れる巨乳を見せつけたり、足や腕を胸に挟んだりと巨乳ならではのサービスを見せつけてくれます。

 

 


接客が上手


スムーズにプレイを続けるためには会話を挟みいかに自然に進行出来るかが重要ですが、そこまで接客に優れている風俗嬢はいません。

雑誌やテレビに出ている有名風俗嬢は接客が上手いため心の底からプレイを楽しめます。

しかし、ほとんどは接客より性的サービスを重視しているためプレイの大半は黙ったままということもあるのです。

 

池袋の洗体風俗店はというと、自然な会話でプレイを進行する手慣れている風俗嬢がほとんどになります。

適度な会話をしながら男性の緊張をほぐしてリラックスをさせてくれるのです。

緊張したままの触れ合いはあまり心に残らず気付いたらサービス終了、というケースが大半になります。

最初から最後までしっかりと楽しみ充実した時間を過ごすためには風俗嬢の接客スキルが大切なのです。

 

池袋の洗体風俗店の嬢の接客のレベルの高さは最初の挨拶と自己紹介ですぐに分かります。

こちらを緊張させないように笑顔で明るく接してくれるのです。

フレンドリーに相手をしてくれる風俗嬢の姿に自然と心の氷は溶けていくでしょう。

マッサージ後は自然と仲良くなり「また会いたい」と心の中で思っているはずです。

 

 


まとめ


池袋の洗体風俗店の魅力はいくつもあり、全てに触れた後は確実にファンとなり常連客になっています。

身体を洗ってもらうだけのお店だと侮らないで下さい。
コチラの記事がいいなと思ったらスター(いいね!)しよう
いいね! 1

そんな時はこちら