巨乳パイズリ洗体メンズエステ ごほうびSPA(ご褒美SPA)池袋店 コラム詳細ページ

ブランド

池袋で気持ちよくなれる洗体サービスを受けませんか

2018.02.28
男性の身体にキスをする女性
少しマイナーである洗体風俗店ではありますが内容は至って普通で、水着を着た風俗嬢が身体を洗ってくれるだけです。

お湯を扱うため衣服が濡れては困ると池袋の洗体では水着が主流となります。

そのような中あえてボディコンでの洗体を取り扱っている特殊なお店が池袋にはあり、ボディコン目当てに利用しているお客さんはそれなりにいるのです。

洗体とボディコンという組み合わせに惹かれる理由には何があるのか気になりますね。

 

 


エロいボディコン姿を拝める


池袋にボディコンを導入している洗体店がある理由は、エロい姿を見ながらお客さんが洗体を楽しめるからです。

お湯に濡れて張り付く衣装は男性を喜ばせるためのただの興奮材料となるでしょう。

 

そもそもボディコン自体見た目がエロい衣装で、着こなしている巨乳の風俗嬢はよほどスタイルに自信がなければ着れません。

強調される胸、腰やくびれのラインがはっきりと出るためぼんきゅっぼんでなければボディコンは似合わないのです。

無理に着ようとすると入らず、仮に着れたとしても美しい身体のラインが出ないため男性からの評価は悪くなります。

ボディコンが似合わない太っている風俗嬢から洗体を受けたとしても盛り上がりませんよね。

むしろ、萎えてしまう人の方が多いのではないでしょうか。

 

身体のラインが出るただでさえエロい衣装であるボディコンを見ながら洗体を楽しめるのは池袋の洗体店ならではのサービスです。

泡にまみれたボディコン嬢のエロさといったら何とも言えません。

胸の谷間に流れるソープやお湯、むっちりとした身体を使い身体を洗ってくれる姿は最高です。

洗体嬢の肌の柔らかさを感じながらサービスを受けて下さい。

 

 


洗体とマッサージを楽しめる


ボディコン姿の風俗嬢から洗体とマッサージを受けられるというのも池袋の良いところで、他ではあまり見かけないサービスのため物珍しさから利用する男性もいます。

5千円以内で指定出来る体験コースがあるため初見の人はそれを利用しましょう。

流石にいきなり本コースで1万円近く払うとなると躊躇う人も多いからです。

まずはどのようなサービスを体験出来るのか簡単に確かめます。

 

洗体店であることから池袋のどこの洗体店でもボディコン嬢に必ず身体を洗ってもらえるでしょう。

スポンジやタオルで丁寧に洗ってくれるお店もあれば、手で直接洗体をしてくれるところもあるので色々と利用してみて下さい。

さらにサービスが整っている池袋の洗体店になると大きな胸を使い洗うお店もあり、ソープによりぬめぬめになった胸で背中や腕や足を洗ってくれます。

柔らかな胸に包まれる幸福感はもちろん、風俗嬢の胸の先端まで感じられるためおすすめです。

柔らかな先端が肌の触れ合いにより少しずつ硬くなっていく変化が分かるでしょう。

 

最後の仕上げにボディコン姿でマッサージをしてくれるというのも池袋の洗体店です。

シャワーにより癒された身体をマッサージで更に癒してくれます。

そこそこレベルの高いマッサージにより気持ち良いひと時を過ごせるのです。

 

 


利用する際の注意点


もし池袋のボディコン洗体店を利用する際にはいくつか注意しなければならない点があります。

今後お店を利用する際には必ず注意点を守り良い思い出を池袋の洗体店で作れるようにしましょう。

 

まず、ボディコンといっても実際に置いている洗体店は池袋でそう多くはなく、コスプレだけをオプションとして置いているお店もあります。

絶対にボディコン姿の風俗嬢に洗体とマッサージをしてもらいたいという人は必ずお店のルールをよく読んで下さい。

池袋のどこの洗体店も公式サイトに利用可能なサービスの全てが記載されており、いくらで使えるかも記されています。

そこにボディコンの文字がない時は電話をして聞きましょう。

ボディコンをコスプレとして扱っている池袋の洗体店もあるので事前確認が大切なのです。

 

艶かしいボディコン姿をしている風俗嬢に興奮してしまい身体を触らないようにして下さい。

いくら風俗嬢の体に興奮をして触りたいと思ってもソフトサービス店である洗体店ではお触り禁止です。

ルールを破り身体へと触れるとただちに強制退出からの高額な罰金となるケースがあります。

 

 


まとめ


ボディコンを着ている風俗嬢を楽しめるためにも池袋の洗体店を利用して下さい。

泡まみれのマッサージや洗体を身体のラインが出ているボディコン嬢が相手をしてくれます。

少し特殊ながらも時間を忘れるほど夢中になれるでしょう。
コチラの記事がいいなと思ったらスター(いいね!)しよう
いいね! 1

そんな時はこちら