これぞまさにプロの技!

女性求人はこちら

男性求人はこちら

女性求人はこちら

男性求人はこちら

千葉でプロのテクニックを堪能!本当に手コキの気持ちよさなの!?

2019.10.17
白のウェディング衣装を着た女性
私は昔から車やバイクが好きで、友人たちとカスタムバイクを作ったり、


それに乗ってどこかへ遊びに行ったりしています。



先日も千葉の辺りでイベントがあり、友人と一緒にドライブを楽しみ移動、

現地では色々な珍しい車やバイクを見てきたのですが、

その帰りにちょっと風俗へ行こうという話になりました。




その時私の友人から教えてもらった風俗がとても素晴らしく、

これぞ「プロの技」というサービスを楽しむことができました。



素晴らしいテクニック、そこから生まれる強い快感。

プロって本当に凄いんだと改めて感じたひと時、

興味が湧いた方は一度チェックしてみてください。







友人イチオシのお店でした


黒いメイド服の女性
千葉のとある場所で開催された車やバイクのイベントが終わり、


私と友人たちは打ち上げとして、知り合いの運営する居酒屋に行きました。



そこで楽しく飲んで(もちろんノンアルコールですよ)、料理を食べた後、

この後どうする?という話になりました。



いつもであればそのまま解散。

もしくはバーかどこかで飲み直しとなるのですが、


この時の私はどうもムラムラしていました。



そこで

「この後風俗行かない?」

と提案、すると友人からも賛成との声が上がりました。

そして何処に行こうかと話をしている時、

友人の一人がおすすめの店がある、と教えてくれたのです。




友人がおすすめしてくれたのは、とある出張タイプのメンズエステ。

嬢のレベルも高ければテクニックも素晴らしいとのこと。

話を聞いていた私たちは満場一致でそこを利用しようと決めました。



友人から店名を教えてもらった後、私たちは一斉にサイトにアクセス。

誰を指名しようかと騒ぎつつ、時にはじゃんけんで嬢の奪い合いをしながら、

楽しむ準備を進めていきました。




私が指名することにした嬢はモデル系の風俗嬢。

顔立ちは少しハーフっぽい顔立ちで、グラマラスな体型でした。



こんなに綺麗で良い体の嬢、指名しないわけがない!

そう思って私は真っ先にこの子を指名する!と宣言し、

手早く手続きの電話をかけ始めました。




電話をかけてスタッフとやり取りを開始。

指名したい嬢も特に問題なく指名ができました。



待ち合わせか出張かという話になった時ですが、

とりあえず車で移動できる範囲なのであれば待ち合わせで行こうと思い、

何処で合流すれば良いのか、という話をしてみたところ、

なんと今いる居酒屋から徒歩圏内!

迷うことなく、待ち合わせでの利用に決定しました。




友人たちと一緒に居酒屋を出た後、待ち合わせ場所まで移動。

しばらく待っていると友人のスマホに着信が入り、嬢と合流して先に移動して……

といった状態になり、気がつけば私一人ぽつんと取り残されていました。

(もしかして俺なにか間違った?)

内心では大焦りになっていると、待ち望んだ電話が!




「あ、もしもし?今○○の辺りにいるんですが、どの辺りにいますか?」

綺麗な声で私に話しかけてくる嬢の声に、一人大はしゃぎしながら場所を伝えると、

嬢が早足に近寄ってきました。




私が今まで使ってきた風俗、よく女性の見た目を詐欺っているのですが、

この風俗も例に漏れず詐欺ってました。

実際の女性の姿、写真よりも何倍も綺麗だったんです!



こんなに綺麗な女性、今まで生きてきた人生でみたことがない。

そう思うくらいに綺麗な顔立ちとセクシーな体つき。

(今から本当にこの嬢と過ごせるの?夢じゃない?)

そう思い、浮足立ったままホテルへと移動を開始しました。



道中話をしたところ、なんとこの嬢も結構な車好きなようで、

私が普段載っているカスタムバイクの写真をネットで見たことがあるとのこと。

互いによくわからない驚きと感動をしながら、ホテルの部屋に入って行きました。







プロの技ってやっぱり凄い!


谷間が映える白のレースの衣装
ホテルの中に入り、諸々済ませてサービススタート!


嬢がハイレグの水着に着替えている所を見させてもらったのですが、

なんともまぁエロいといいますか、

こんな水着どこで売ってるんだと思うような水着でした。



それに嬢の体つきもやっぱりグラマラス。

着替えてる様子を見てるだけでもちょっと勃起しそうでした。



サービスはマッサージからスタートしました。

マッサージのテクニックもかなり良く、

長距離移動をしてきた私の全身を思う存分ほぐしてくれました。



そしてマッサージが終わった後は性感マッサージがスタート。

仰向けになると嬢がそのまま上に乗り、身体中を刺激し始めました。



手で撫でられて、軽く力を入れて押されて、指でつままれて……

これがプロの技かと感心する程のテクニックで、

身体中のありとあらゆる性感帯が責められていきました。





一頻り責められた後の私の体はもう準備万端。

(このまま一気に手コキか何かですっきりさせてほしいなー)

と思っていると、その思いが通じたのか、嬢の手コキがスタート。



添い寝するように体を密着させると、そのまま私のペニスを手でホールド。

舌で乳首を責めながら、手コキをし始めました。

これまでの責めで敏感になっていたというのもありますが、

明らかにそれまでの責めとはレベルの違う気持ちよさが発生し始めました。





私も普段オナニーをしてますし、

自分のペニスの扱いは自分が一番慣れてると思ってました。

しかしそんなことなかった、この嬢が一番扱いに慣れてました。

握る力自体は別に強くもなく、どちらかというと弱め。




しかし扱き方や擦り方、力を入れるポイント……

その全てが絶妙なものでした。

まさに「匠の技」と呼ぶにふさわしい、プロのテクニックを前にすると、

エンジンをフルスロットルで動かしたように、射精しそうな状態に。



しかしそのタイミングで力を緩めて、射精しそうでしない状態まで落としてキープ……

されてる事はただの手コキ、しかし段違いのテクニックで、

これまでに感じたことのない快感、そして焦らしを楽しませてくれました。




そんなこんなで手コキによる焦らしが継続。

気がついた時には口からは大きな喘ぎ声を出し、

身体はビクンビクンと震え、ペニスの先からは透明な液体がドロドロと……。



頭の中は射精したいというワードで一杯、脳が精液になったんじゃないかと思うような、

そんな状態が続いた後、嬢がダメ押しと言わんばかりに、

私の手を自分の胸に……ここで揉んだらもっと興奮して大変な事になる。



そうわかっていてもついつい揉んでしまうのが男の性。

柔らかいゴム風船のような嬢の胸を揉んでいると、

嬢の口からも小さな喘ぎ声が聞こえてきました。




私の身体にかかる嬢の吐息、耳から聴こえる喘ぎ声。

手コキで焦らされている私にとって、この刺激は快楽地獄への片道切符。

先ほどよりも強くなった刺激に我慢の限界を迎え、

私は手コキをしている嬢の手に思い切り射精してしまいました。



そこでまたもプロの技を堪能することになったのですが、

射精している最中もゆっくりと手コキが継続していました。



出して敏感になっている時に手コキなんてされると、もう出ているものは止まりません。

手コキが止まった後、自分のペニスと嬢の手を見ると、

自分でも軽く引くくらいの量を射精していました。








千場に行く楽しみがまた増えた!


メイド系の女性
嬢の手コキでプロのテクニックを堪能した私の話はここまでとなります。


正直な話、プロのテクニックというものを私は舐めてました。



あんなにも気持ちよくなれる、スッキリできるサービスだとは思ってなかったです。

あの後、家でオナニーをするときにあの手コキを真似て見ようとも思いましたが、

どうやってもあの快感は得られませんでした。




千葉は普段行くエリアでもなく、イベントでもなければ行くことがありません。

そのため、千葉へ行けるあのイベントは私にとって非常に楽しみなイベントでしたが、

あのメンズエステと出会ってから、千場に行くのがより楽しみになりました。



また千葉で手コキを堪能したい、あのメンズエステで楽しみたい、

そう思いながら、次のイベント開催を楽しみにしています。
コチラの記事がいいなと思ったらスター(いいね!)しよう
いいね! 2

そんな時はこちら