【仙台】痴女M性感手コキ風俗なら仙台痴女性感フェチ倶楽部の杜の都・仙台で繰り広げられる痴女との饗宴…究極の受け身~“男の潮吹き”体験も!

女性求人はこちら

男性求人はこちら

杜の都・仙台で繰り広げられる痴女との饗宴…究極の受け身~“男の潮吹き”体験も!

2021.08.18


こんにちは。スターグループ広報担当の星野です!

今回はお客様の「M心(M属性)」をグッとくすぐってくれる、仙台にある超絶技巧の待ち合わせ&デリバリー「M性感店」を紹介しましょう。

この「仙台痴女性感フェチ倶楽部」は、単に“責められて楽しむ”のとは違い、“苛めてくれる相手が美痴女”で聖水を飲んだり・かけられたり、アナルや前立腺を刺激されたりと責められる過程を存分に楽しめる趣向となっているのです。

お相手するコンパニオンが「全員・痴女」なのですから、想像しただけでゾクゾクしますよね!なかには、お仕事を忘れて“自分の(性癖の)ために”積極的に責めてくる嬢もいたりするのですからタマりません!

加えて「男の潮吹き」も体験できるのですから、リアルAVも顔負けといったところ。

快楽に貪欲な痴女の悪戯の数々を、受け身な体で浴びてみてきださい!


“悪戯されたい!”“『未体験』を受けたい!”なら「仙台痴女性感フェチ倶楽部」へ




まず、“M性感”を越えた“痴女性感”とは?というところからスタートしましょう。

そもそも、「仙台痴女性感フェチ倶楽部」のプレイの源を辿るとM性感に遡ると言ってもいいでしょう。言わずと知れたM性感プレイとは、お客様が受け身でコンパニオンの繰り出してくる技を、「成すがまま」に受けて、「耐えに耐えて」精を爆発させて快楽を得るというモノです。

それだけに、コンパニオン嬢の各々が持つ技が集客にも大きく影響してくるのです。だからというわけではありませんが、M性感嬢の「責め」技には定評があるんですよね。

そこに加えて、「痴女性感」はさらにコンパニオンが生来もっている「責め体質」で“これでもかっ!”とばかりに本能の赴くままに技を放ってくるので、その快楽たるやハンパではないのです。

痴女といえば、まずは「責め好き」。そして、パートナーの男性のよがり声が大好物な女性です。当然、「男の潮吹き」をしている瞬間の表情をガン見するのも大好きなのです。

なかでも「仙台痴女性感フェチ倶楽部」のコンパニオンたちは、生粋の「痴女」の集団。その嬢たちに責められる事ができるのですから、このうえない至高の未体験時間を得られると言っても過言ではありません。


非現実のような「超現実」を堪能!


まずは小さな訂正をさせて頂くと、「M性感」や「痴女性感」というと受け手側(=お客様)があくまでもMっ気の性癖を持つ方のみに限られてくると言う印象がありますよね?

ところが痴女性感を前面に打ち出している「仙台痴女性感フェチ倶楽部」ではありますが、あらかじめM属性を持っているお客様以外でも楽しめるように“責め”ひとつ取っても工夫を凝らしています。

これは性感に限らずに何に対してでも言える事ですが、ビギナーに対する「(プレイタイムへの)入り方」とマニアに対する「(同)入り方」が異なるのと同様です。

要するに、マニアでなくてもあらかじめ受付や電話予約の際に、

「M性感ははじめてなんだけど…」
「痴女のプレイを少しだけ体験してみたい」

と、申し出ておけばOK!

あとは、根っからの痴女コンパニオンが「醍醐味を教えてくれる」システムになっています。

このように「仙台痴女性感フェチ倶楽部」は、最初からドップリと性感のカテゴリーで楽しむも良し、興味や好奇心から「痴女性感」の入口だけでも体験する事もできるというわけです。


痴女テクを味わえる“プレイ内容”の概略はというと…




お客様のボディを洗う事からスタート!

では、痴女の責めを“受け”て楽しむ「仙台痴女性感フェチ倶楽部」の実際のプレイ内容はどうなっているのか?

コンパニオンによって(得意プレイの)若干の違いはあるものの、実際の手順の概略を説明してみましょう。


シャワーは使わずに待つ!


デリバリー風俗の場合は、待ち合わせたホテル等であらかじめバスルームを使い「身を清めてw」コンパニオンの到着を待つ方も多いです。

ですが、当店の場合は、シャワーを使わずにそのままの状態で待つのを常としています。

お客と痴女の顔合わせを済ませてからのシャワータイムの方が、ウィークポイントを探り当てられるからなのですよ。もちろん、いろんな部位を洗ってくれるので期待と感度が高まりますよ!


まずは「目隠し」で、小手調べを!


「M性感」プレイの導入部は、目隠しから始まります。

お客様にとっては、

「苛めたがる姿や、素晴らしいスタイルをランジェリーに押し包んだ痴女の姿が見えないじゃないか!」

 と、不満・不安があるかも知れません。

 ただし、よく考えてみてください。目に見えない闇の世界で、“ナニをヤられるのか?”という不安は、きっと“期待”に変わってくるはずです。

 なかなか文字では表せられないので、お客の感想から抜粋させていただくと、

 「“怖い”がゾクゾクじた“期待”に変わって行く『気持ちの変化』に興奮した」(30代後半・リピーター)

 といった声に代表されるような感想が、実に多かったんですよね。

プレイとしてヤっているので、リアルな身の危険が無いと分かったうえなのですが、“ギリギリの恐怖”は、きっとプレイの掴みとして最高の演出効果になっているのではないでしょうか。


“苛めマインド”いっぱいの責めを、敢えて受けよう!


ここからは、配達された痴女の持つ「言葉責め」や「フェザータッチ」「リップ」等々の技で体中を“微妙に刺激”してくれます。

いよいよリアル痴女による、「M性感」のスタートというわけです。

 言葉による恥辱(ハードなのは「希望者のみ」)責めや、特に背中やお腹周り、そして太ももなどを、微妙なタッチで責めるフェザータッチ。口唇での性感ポイント攻(口)撃…etc。

痴女の本領をジワリジワリと味わってみてください。


フィニッシュに向けて


そして、いよいよ核心部分です。「亀頭責め」や「焦らし・寸止め」で責め進めてイきます!

チ〇コの竿部分には触れずに、敏感な亀頭部分だけを素手やローションで擦り・いたぶる痴女の責めは、観ているだけでも圧巻です。

ローションで摩擦の抵抗を少なくし、ヌルヌルになっても延々と手コキを続けてくるのですからタマったものでなないです。その時に、言葉責めもミックスされるのですから、聴覚への刺激もプラスされて、チ〇コは大変な事になるはずです。

また、わざわざ抵抗の多い素手での手コキを所望するお客もいるらしいですよ。

それらの様々な痴女による「焦らし・寸止め」が繰り返されるのですから、狂おしいまでの焦燥感に襲われたあとに、これまでにない射精感・達成感が味わえるといった仕組みになっています。

発射時に「ドピュッ!!」という音が聞こえてきそうですね(爆)。それくらい、「いつもより多めに発射!」する勢いだという事です。
その主役を務めるのは、もちろん受け身で玩具にされるお客様と痴女。ふたりだけの空間で、射精を懇願し、なおかつ大量発射をシてみてください。


通常の快感を上回る“超快感”技の数々に身悶えよ!




ここまでは悪戯(責め)こころ満載の「痴女性感」「M性感」を解説してきました。

その痴女のヴィジュアル度が高いのも、特筆する点になっています。

ただし、仙台痴女性感フェチ倶楽部では、そうしたプレイの“さらに上を行く”技・プレイ・コンパニオンの資質”があるのも特徴なのです。
この章では、それらハイレベル・超レベルなプレイの数々を紹介します。

まずは、通常でも味わえるかも知れないのですが痴女がプレイする事によって快感が増し・増しな例から説明してみます。


フェチに十分に対応している


店名にも含まれている通りに「ベタな程」にフェチを満たしてくれるのです。

美脚にこだわってみたり、パンストに執着するだけでなく、手コキの際にパンストやガーゼを使用したりと、各人の嗜好にあわせた責めを希望する事も…。

この時に“ザラザラとした抵抗感”の「摩擦フェチ」には、軍手を使って擦る、なんていう事もあるくらいです。


AVのような3Pをリアルで


また、仙台痴女性感フェチ倶楽部では、痴女2名による同時責め(=3P)コースも用意されています。こちらも単に2名と絡むだけではなく、セクシー女優のように綺麗なコンパニオンとAVのようなプレイがリアルに味わえるのですから凄いデス!

聖水をかけられたり、飲ませてもらったりも可能なんですよ。

『何もシない・無抵抗』のまま「されるがまま」に悪戯されてみてください。


「男の潮吹き」体験も痴女のテクで開花!!


ここまではレベルの高低こそあれ、フィニッシュ形態からすると、いわゆる普通の性感店でも味わえる体験です。当店でも、「ナニもせずに、痴女に責められるがままに苛められて」快楽を増幅させてゆく手法で満足してもらっていると自負しています。

ただ、それだけではなく「痴女の魅力」にプラスした快楽を与えていくのも当店「仙台痴女性感フェチ倶楽部」の使命だと考えています。

では、具体的にはどのように「感じて」もらっているのでしょうか?

それは、「ドライオーガズム」と「男の潮吹き」という、全く異次元での感覚でイってもらっているのです。

前者・ドライオーガズムは“射精を伴わない絶頂”の事を言います。その行為は「射精よりも100倍は気持ちイイッ」と言われている程(あくまで口コミです)。

しかも、その快感を何度でも味わえるのですから、「未知の感覚」といっても言い過ぎではないんですよね。その感覚を体験できるのですから、想像力を越えていると言わざるを得ないでしょう。好奇心と痴女テクとあわせて「怖いモノ見たさ」も作用されるのですから。

実際に体験した風俗通によると、

「ドライオーガズムで遊んだ事はあるけど、痴女にヤられると『変になりそう』だよ」(40代・性感店ファン)

と、言っていました。語尾に「いい意味でネ」と、付けくわえていたのが印象的でした。

このように、未知の快楽を痴女で味わうのは、格別のようです。

また、格別といえば後者・「男の潮吹き」も体験できる点も挙げなくてはいけません。
そもそも「男の潮吹き」とは、通常の射精やドライオーガズムとは「別世界の快楽」と言われています。

一度射精したあとでも、そのまま(チ〇コを)シゴき続ける事によって起こる、“尿意をガマンしつづけた解放感”を得られるのですから、「痴女」向きの快楽とも言えるのではないでしょうか。

ドライオーガズムと並んで「未知の快感」を覗いてみるのも、「良い社会勉強」になるはずです!

ここで紹介されたプレイの概略は、「全て痴女がお相手」という事も忘れずに!
通常の責められる快感に加えて、男の潮吹きのような「未知のゾーン」に苛められながら突入していくのも、スリル・快楽の双方の点からも是非とも経験してみましょう!!

なお、仙台痴女性感フェチ倶楽部の待ち合わせ&配達ゾーンは、主に仙台市と周辺市内(要問合せ)です。詳細も含み、何でも問い合わせてみてください。

以上、スターグループ広報担当の星野がお送りしました!

そんな時はこちら