個性的なフェチ・性癖にスケベな痴女が神対応!

女性求人はこちら

男性求人はこちら

-->

痴女性感フェチ倶楽部が正直営業をするワケ!

本番か?フェチプレイか?

風俗で何をしたいか?
セックスがゴールであれば、ソープを利用することが近道です。

では本番ができないデリヘルをなぜ利用するのか?
フェチ願望や性癖を満たしたいからというのが、主な理由ではないでしょうか。

フェラ・マットプレイ・本番が主なプレイ内容のソープ。
ゴールまでは最短で辿りつけますが、そのプロセスがパターン化してはいないでしょうか?

そこで紹介したいのが、仙台痴女性感フェチ倶楽部です。
店名にもある通り、ピンポイントのフェチプレイに対応できる痴女が揃っております。

 プライベートはもちろん、一般のヘルスで性癖を露呈したとき女性は困った反応をします。
例えば「お尻に浣腸突っ込んで、おむつ履かせて」と女性にせがんだら?
女性が一度、口に含んだプリンを食べたいという願望を伝えたら?

……想像しただけで女性の反応が怖いですね。

痴女性感フェチ倶楽部であれば、対応可能な女性がノリノリでご要望を承ります。
なぜなら店名にもある痴女は、スケベなことが大好きな女性を指すからです。

男性の変態願望を伝えても、痴女は驚きません。
誰にも言えなかった性癖を曝け出せる場所がここにあります。

ヘルスメニューは気持ちいいけれど、なぜか満たされない。
それはノーマルなプレイに飽きてしまったからかもしれません。
次のステージに挑戦するなら、当店の痴女にご相談下さい。

しっかりとヒアリングした上で、個々のフェチや性癖に可能な範囲で対応します。
全てコース料金に含まれておりますので、オプション料金に苦しむことはありません。
まずはご希望のプレイ内容が対応可能か確認致しますのでお問い合わせ下さい。

仙台のキャッチ事情 

国分町でハシゴ酒。
気持ちよくなってメイン通りを歩いていると、案内所の人間を装って近づいてくるポン引き。

「30,000円で本番いかがですか?」
交渉の末、お金を渡しホテルで女性を待つことに……。
実際プレイが始まるとハンドサービスだけ……。

女性に話が違うと言っても「私その人知らない。あと10,000円で本番するよ」なんて話は、よく耳にします。

ポン引きにまつわる怖い話は、警察の取り締まり強化と比例して減っています。
それでも国分町は県外からの参入が容易なので、未だに多くのキャッチグループがシノギを削っております。

直近のケースを紹介します。
レンタルルームで寝ようとしたら、エレベータ下に笑顔のお兄さん。
親しみやすいからといって、話を聞いたら最後です。

30,000円で本番あり、20,000円でSランクのデリ譲、渋っていると「分かりました。利益度外視13,000円でいいですよ」と、成約ありきで話は進んでいく。

さらに「あと2,000円頂ければ、可愛い女の子連れてきますよ」と揺さぶりをかけてくる。
ポン引きのお兄さんは、こうしてターゲットの財布の中身を推し量っているのです。

ターゲットの反応を観察して言葉をチョイスするテックニックは、メンタリストDa〇Goを彷彿とさせます。
最後まで話を聞いたあとでは、心臓に毛が生えた人間でもない限り断るのは至難の業です。
手持ちが無いと言っても、コンビニまで案内される始末。

たまにはいいかと妥協して、お金を渡す。
性欲のスイッチが入れば、プラス2,000円払うことに抵抗はありません。

かわいい子が来るならと念を押し、15,000円をお兄さんに渡してレンタルルームでウキウキしながら待つこと5分。
ドアの外から「入っていい?」と可愛らしい女性の声。

期待に胸ふくらまして笑顔でドアを開きますと、そこには引っ叩きたくなる女性が立っています。
それでも一応サービスは受けますが、不発で終わる。

外に出てキャッチのお兄さんを探したところで手遅れです。
仮に見つけ出して「ブサイクじゃねーか」と吠えても、「私から見るとかわいいのですが……。」と言われてしまえばそれまでです。

ポン引きの肩を持つわけではありませんが、好みは人それぞれです。
極端な例で、日本人から見れば肥満でもアフリカ人からすればナイスボディってこともあるのです。

かわいいという言葉は抽象的で幅があります。
惑わされてはなりません。

正直営業が生命線

さて、お店選びで失敗をしないためには何を注意すればいいでしょう。
風俗雑誌のカヴァーに載っている女性が在籍しているお店ならどうでしょう?
それでも完全に信用するのは危険です。
パネルマジックともいわれますが、写真を加工している場合があるからです。

「人間不信になるわ」と頭を抱えたくなりますね。

ご安心ください。
痴女性感フェチ倶楽部は写真を加工しておりません。
そう言われても信用できませんよね。
では、痴女性感フェチ倶楽部が正直に営業をする理由をお伝え致します。

当店は完全に合法営業している為、後ろめたいことが一切ございません。
違法であろうが摘発されるまで短期的に利益を上げようとするポン引きや、お上の許可なく営業しているお店とは異なり、長期的な存続が可能です。

会員制である当店は、お客様に末永くご利用頂くことを目指し営業をしております。
よって、リピート率に影響するので正直な営業が絶対条件です。

風俗遊びは安くありません。
ノリで選んで後悔したくないですね。

正直営業が生命線のお店は当店だけではないです。
そこを見極めて、男性の夢を叶えましょう。

どのお店が信用できるか判断できないときは、痴女性感フェチ倶楽部を選んでみてはいかがですか?
スケベなことが大好きな痴女が、快感の絶頂まで導きます。
変態願望が叶ったとき、心から満たされたと感じることでしょう。

コチラの記事がいいなと思ったらスター(いいね!)しよう
いいね! 0

そんな時はこちら