大阪・日本橋 痴女M性感フェチ風俗なら大阪痴女性感フェチ倶楽部のどうしても聞こえがち

女性求人はこちら

男性求人はこちら

-->

どうしても聞こえがち

2019.06.07
木に片手を当てて身体を支えながら立つ、黒字に白ドットのワンピースを着た女性
日本は非常に狭い国でありながら、その地域ごとに話す言葉が全く違っているという特徴がある、

世界的に見ても少々面白い特徴がある地域です。

そのため、自分が住んでいる都道府県の方言であればある程度は把握できるという方でも、そこから2つ3つと県を跨いで別の地域に行くと、

その地域の方言が完全に理解できなくなる、という事が良くあります。

そんな各地域によって全く違って聞こえる方言の中でも、特に印象的かつ言葉が強く聞こえる方言として

大阪で話される所謂「関西弁」があります。

関西弁と呼ばれる言葉にも実際には河内弁や泉州弁、岸和田弁といった幾つものバリエーションが存在しているのですが、

これらの地域の言葉に共通する事として、他の地域の方言と比べて非常に「怖く聞こえる」という点があります。

例えば関東圏で変なことを言ってきた人に対して変なことを言うなと伝えるときには

「変なこと言わないでよ」

といった言葉を使いますが、関西では

「アホか変なこと言うなや」

といった、関西圏以外の方が聞くとどう聞いても怒っているようにしか見えない、そんな言葉をよく使うのです。

そしてこういったどう聞いても怒っているようにしか聞こえない言葉をフル活用したプレイが実は大阪の痴女性感では楽しめます。

そのプレイは「言葉責め」です。



キツイからこそ良い




大阪の痴女性感で楽しめる刺激的なプレイ、それは言葉責めと呼ばれる言葉を利用してお客さまを責めるプレイです。

このプレイというのは大阪以外の地域にある痴女性感でも楽しむことができますが、大阪の痴女性感で楽しめる言葉責めは

ひと味違います。

本場大阪の人間の生まれ持った言葉の悪さと口の悪さをフル活用した、他の地域に住んでいる気の弱い人なら言われている

うちに泣いてしまうんじゃないかと思うような言葉が飛び交い、遠慮無く叩きつけられます。

そのため、大阪の痴女性感で楽しめる言葉責めというのはソフトSMの要素が楽しめる痴女性感にはある意味似合わない、

非常に厳しく過激なプレイであると言えるでしょう。

何かしようとしたら冷たくあしらうなんてレベルじゃない言い方で返され、自分の身体に対して何かが起こると

罵詈雑言になるかならないかのギリギリのラインに聞こえるような言葉で責められる。

想像するだけでゾクゾクとしてしまう、そんなお客さまもいるのではないでしょうか。



決して悪意はありません




大阪の痴女性感で楽しめる言葉責め、このプレイを受けている最中にもしかして本当に嫌われているんじゃないか、

と不安に思う方もいるはずでしょう。

こんなにきつい言葉がポンポンと口から出てくるなんてなにかおかしい、もしかして本当に嫌われてるんじゃないか、

もしかして本当にそう思われているから罵られているんじゃないか、そういった不安を感じるお客さまもいる事でしょう。

ご安心を、大阪の言葉というのは非常にきつく聞こえるだけであり、風俗嬢は本当の意味で嫌っているわけではありません。

仮に本当に嫌っているからきつい言葉を言っている場合、風俗嬢側からのNGが出る、

つまり指名をしても断られるような状態になります。

そのため、そういったNGがでていない状態というのは特別嫌いになっているということはなく、

ただその風俗嬢の方言がきつく出ているだけ、そしてその風俗嬢の言葉のセンスが非常にキツイだけなのです。

大阪の言葉を利用した言葉責めを楽しめる痴女性感はそれこそ日本中にあります。

しかし言葉のきつさや責めの強さ、そして言葉選びのセンスや使い方と言った諸々の要素を総合してみていくと、

大阪の痴女性感で楽しめる言葉責めというのは、群を抜いた素晴らしさがあると言えるでしょう。

過激な責めを楽しみたいと思っている、そんな方は是非とも一度大阪の痴女性感で関西弁をフル活用した

言葉責めをお楽しみください。
コチラの記事がいいなと思ったらスター(いいね!)しよう
いいね! 2

そんな時はこちら

「大阪日本橋待ち合わせ型」「大阪難波ホテル自宅出張デリヘル型」