名古屋・名駅・栄・錦 痴女M性感、男の潮吹き、ドライオーガズムなら名古屋痴女性感フェチ倶楽の写メ日記

女性求人はこちら

男性求人はこちら

女性求人はこちら

男性求人はこちら

ブランド

続フェチ子物語11

2019.03.15

その頃、フェチ子は此岸と彼岸の合間にいた。
裸足の足が冷たい。
靴はどこにやったっけ?
困ったわ。
新しい靴を買う余裕なんかないのに。
気付けば、巨大な駅構内にいた。
前も後ろも暗がりに閉ざされている。
ぽっかりと照らす明かりに吸い寄せられるように近付くと改札横の窓口であった。
「あの、すみません」
「はい。切符を拝見」
「えっ、切符って?」
「あなたが右手に持ってるものですよ」
フェチ子は無意識に握り締めていた右手を開いた。
あの名刺だ。
【名古屋性感フェチ倶楽部】
「あの、これは、貰っただけで、違うんです」
しかし、フェチ子は考えた。
立ちんぼの自分が風俗店を恥じるなんてちゃんちゃらおかしい。
フェチ子は素直に名刺を差し出した。
駅員は名刺をひねくり回して、フェチ子の知らない折り込みまでじっくり見ると、
「ご苦労なさったんですねぇ。大丈夫です。極楽行きに変更しますので、お待ち下さい」
と告げると、名刺片手に事務的にパソコンで操作を始めた。
フェチ子はぽかんとした。
しかし、その時。
「あぁぁぁぁ!これは!」
駅員の叫びに目をやると、突如紙の名刺が血みどろになり、それが固まりカチカチのカードとなったではないか。
続く


GIRLS PROFILE

さゆみ

さゆみ (30歳)

T155・87(D)・59・89

詳しいプロフィール・出勤情報は こちら

コチラの記事がいいなと思ったらスター(いいね!)しよう
いいね! 0

そんな時はこちら