京都エリアの痴女M性感手コキ風俗なら京都痴女性感フェチ倶楽部の京都の痴女性感フェチ倶楽部で強刺激な前立腺マッサージが受けられる!あなたは耐えられるか!?

女性求人はこちら

男性求人はこちら

京都の痴女性感フェチ倶楽部で強刺激な前立腺マッサージが受けられる!あなたは耐えられるか!?

2021.03.25


こんにちは!スターグループ広報担当星野です!
京都の夜を色に例えるならば、私は「京紫(きょうむらさき」だと思います。京紫は東京スカイツリーのライトアップで使われている「江戸紫=雅色」よりも赤みが強い紫色が「京紫」です。

どうして、京都の夜が赤みがかった「京紫」のイメージなのか?それは、京美人、いえ京都痴女が織りなす優雅で淫らな肢体がまさに「京紫」にピッタリだからです!

京都のデリバリーヘルス「痴女性感フェチ倶楽部」では、京都の夜を優雅に、淫らに染め上げる珠玉の前立腺マッサージが受けられます。単なる前立腺マッサージではなく

男の潮吹き
からの
ドライオーガズム

を得られる前立腺マッサージなのです!優雅で淫らな京紫色の痴女たちがあなたの性の扉をノックしていますよ?


京都の夜は京紫!色欲の古都にあなたの求める刺激がある!



 


今でこそ日本を代表する観光名所である京都ですが、古代から京都は色欲にまみれた都(みやこ)だったのはご存じのはず。京都の夜の色を優雅で淫らな「京紫」に例えたのは、あながち間違っていないんです。少しだけ京都がどれだけ色欲の都であるかを振り返ってみましょう。


京都に渦巻く色欲の歴史


京都が最初に栄えたのは、泣くよウグイス平安京でもおなじみの794年です。現在の奈良県から京都へ遷都が行われました。当時の性に関する資料は残念ながら残っていません。きっと宮中では、毎夜毎夜淫らな酒池肉林が繰り広げられていたんだろうな…と想いを馳せるしかないのが心残りです。

平安京の時代から数百年続いた京都において、記録に残っている風俗資料は1300年~1500の島原にありました。そもそも「風俗」とは公的な組織によって認められた性産業を指す言葉です。もちろん痴女性感フェチ倶楽部も所轄の警察署に営業許可をもらって営業しているれっきとした「風俗」です。

1300年頃の風俗店は「傾城屋(カブキヤ)」と呼ばれ、武士や豪商がにぎやかに過ごす場所として栄えていました。安土桃山時代の覇者である豊臣秀吉の政策により、各地に散らばっていた傾城屋が一ヶ所に集められ「遊郭」として営業をスタートさせた場所が「二条柳町」です。この二条柳町こそ、京都最大の遊郭エリア(当時)である「島原」の前身だったのです。


幕末の志士たちも虜になった京都遊郭


東京(江戸)の吉原と並ぶ一大風俗街として「島原」。性産業を生業とする女性たちがいる「置屋(おきや)」は現在のデリヘル待機所ですし、置屋から女性を呼んでいちゃいちゃする場所である「揚屋(あげや)」は現在のラブホテルでしょう。

しかも京都島原の遊女たちは、ただエッチをするだけが仕事ではありません。必要にお応じて京舞や和歌、お茶など文化的なお付き合いもしなければなりませんでした。言うならば、京都の風俗嬢は

・超高級デリヘル嬢
・超高級クラブのホステス
・超一流の文化人・芸能人

なのです!その後幕末の動乱などがありましたよね。幕末では京都の治安を守る「新選組」が闊歩していました。また、幕府を倒して新しい日本の夜明けを臨む討幕派も京都に潜んでいたのはご存じの通りです。

そんな血なまぐさい幕末ですが、遊郭の遊女たちに入り浸る幕末の志士たちは結構多いんですよね。(笑)新選組からは局長の近藤勇をはじめとした各番隊の隊長連中も遊郭に行っていた記録がありますし、坂本龍馬や勝海舟、西郷隆盛なんかも遊郭にいる記録が残っているほど。

京都ってまさに優雅で淫らな色欲の街なんだなあと過去に想いを馳せているわけです。京紫の赤みがかった紫が淫らで優雅な理由。多くの歴史が織りなす性の歴史って面白いですよね。


京都×痴女が織りなす珠玉の手練手管!



 


京都の痴女たちが織りなす珠玉の手練手管。手練手管とは遊郭の遊女たちが性のテクニックや言葉のテクニックを駆使して、お客さんを虜にする技のことです。現代では「男女間(性的なものを含む)の駆け引き」という意味で使われています。

京都の痴女性感フェチ倶楽部では、京美人たちの手練手管があなたのペニスを反りたたせ、究極の快感へと導きます。


目隠しからのフェザ―タッチがあなたの性欲を極限まで高める!


ホテルの部屋に入るなり、シャワーを浴びて…というルールはありません。あなたの欲望の思うがまま、痴女たちの欲望の思うがままに情事をはじめてください。

まずは、準備運動前の準備運動として「目隠し×フェザ―タッチ」をお楽しみください。京都痴女たちの囁くような言葉責めと、触れるか触れないかのようなフェザ―タッチがあなたの皮膚に微弱な刺激を与えます。

微弱な刺激が続けば続くほど、目隠しで緊張している時間が長いほど、あなたの性欲は極限まで高まることでしょう。まれに事故でフェザータッチがあなたのペニスに触れる場合もあります。間違って射精してしまわないようにご注意くださいね♪


射精はあくまでも準備運動⇒男の潮吹きで最初の階段を昇る


全身リップとローション手コキによって敏感になったあなたはすぐに射精してしまうかも知れません。1度抜いたからといって、終わりではありません。むしろ、射精してからが本番です。

射精後のペニス、とくに亀頭部分はかなり敏感になっているはず。触るだけでも「あああぁぁ」と思わず反応してしまうのは自然な現象です。痴女性感フェチ倶楽部の手コキは、射精してからも続きます。「やめて!」と言っても手を離しません。

射精時の余韻を強く残したまま、さらにしごき上げることによって、単なる2度目の射精ではない「男の潮吹き」が実現するのです!女性がアクメを感じる際にアソコから大量の体液を分泌しますよね。あの液体はスキーン腺液という分泌液です。男の潮吹きでは、スキーン腺液ではなく、尿を噴射します。尿といっても、普段トイレで放出するような尿ではなく、老廃物などが含まれていないキレイなものです。

男の潮吹きで得られる快感を言葉にするならば、長時間オシッコを我慢してから放尿したときの開放感と射精で得られる快感を組み合わせた感覚、といえばわかりやすいでしょうか。

射精の向こう側。それが男の潮吹きなのです!


前立腺マッサージがもたらすドライオーガズムの極地!


 



 


男の潮吹きはまだ前菜でしかありません。メインディッシュには、痴女性感フェチ倶楽部の痴女たちが贈る珠玉の前立腺マッサージをお楽しみください。

前立腺マッサージはあなたのお尻の穴に指や器具を差し込んで、睾丸側にある前立腺という器官を優しく刺激するプレイです。男のGスポットとも言われるほど、刺激されることで強烈な快感を得られる器官です。

前立腺マッサージをしながらの手コキで強烈な射精感を得られますが、それだと最高のオーガズムを味わえません。男性にとって最高のオーガズムとは、射精を伴わない快感「ドライオーガズム」のことです。もちろん、人によっては射精=オーガズムという人もいるでしょう。

ですが、ドライオーガズムは一度体験すると、その魅力から抜け出せなくなってしまうほど、強烈なオーガズムなのです!射精時に得られる快感は、あくまでもペニスとその周辺です。また、射精時のコンマ数秒と射精後の数秒だけしかオーガズムを感じることができません。

ドライオーガズムの体感オーガズムは体全体に及びます。また持続時間も長く、人によっては気持ち良すぎて気を失ってしまう人もいるんだとか。女性がオーガズムに達した際に「目の前が真っ白になって…」という話を聞いたことがありませんか?その感覚を体験できるのがドライオーガズムなのです!

前立腺マッサージがもたらす珠玉の男イキ。ぜひ一度お試しください!


 


京都痴女による前立腺マッサージが新しい性の扉を開く!



 


京紫に彩られた京都痴女たちによる珠玉の男の潮吹きと、前立腺マッサージがもたらすドライオーガズム。単なる手コキや素股では到達できない快感の極地は、まさに新しい性の扉です!

京都の夜に刺激が欲しいあなた。ぜひ痴女性感フェチ倶楽部京都店までご連絡ください!京都痴女たちがあなたからの連絡をお待ちしております!

コチラの記事がいいなと思ったらスター(いいね!)しよう
いいね! 0

そんな時はこちら

「京都祇園待ち合わせ型」「京都祇園ホテル自宅出張デリバリー型」