池袋・大塚エリアの痴女M性感手コキなら池袋痴女性感フェチ倶楽部の隠れたプロの技

女性求人はこちら

男性求人はこちら

-->

隠れたプロの技

2019.06.07
花かんむりを頭に被り、青いバラを手に持った女性
日本国内にはサブカルチャーの街として知られているような場所が幾つもあります。

その中でも少々変わった特徴のある街といえば、東京の池袋です。

池袋という場所はJRの駅を中心にして、円を広げるような形で街が発展しているという特徴がある場所です。

そしてその円の中心部から東西南北で街の様相がガラリと変わり、

サブカルチャーの街となっているエリアもあれば飲食店街となっているエリアもあるなど、

1つの場所で複数の楽しみ方ができるようになっているのです。

さて、そんなサブカルチャーの街であるこの東京池袋ですが、サブカルチャー以外の特徴としては

風俗の街という顔があります。

JR池袋の北口から出て真っ直ぐ真っ直ぐ歩いて行くとそこは賑やかな歓楽街であり、とても多くの風俗が軒を連ねています。

そんな歓楽街にある風俗店の中でもひときわ高い人気のある店舗といえば、お客さまもご存知痴女性感です。

この痴女性感では風俗嬢による過激な責めによってソフトSMを楽しみ、心と体を満たして楽しめます。

そしてこの痴女性感という風俗で楽しめるサービス、その中でも特に人気の高いサービスといえば、

比較的シンプルなサービスである手コキですが、このサービスが実は非常に高度なテクニックの組み合わせ

で作られている、というのをご存知でしょうか。



観察する目と刺激する手




手コキというサービスが実は非常に高度なサービスであるという証拠、それはサービスを行う手とお客さまを見る目にあります。

手コキの内容としては、手でお客さまの性器を握って擦って刺激をする、という非常にシンプルなものになりますが、

その握る際の力加減や握る部位によって痛みを感じたり快感が弱くなったりと、受け手の感じ方は大きく変わります。

そして刺激をしながらお客さまの様子を観察し、どこをどう刺激するのがその人にとってのベストなサービスなのか、

というのをリアルタイムで見極めながら判断し実行していきます。

そのため、この手コキというサービスは実はただ単に握って擦るだけではなく、

どのようにして握るのか、どう擦るのか、というのを観察しながら観察しながら実行するというとても高度なサービスなのです。

それ以外にも刺激をする方法、この方法に関しても実は複数のテクニックを組み合わせているので、

そちらも合わせてご紹介します。



順手逆手で違う刺激




手コキの際に性器を刺激する方法、これにも幾つものテクニックが組み合わさっています。

まず人間の手というのは小指から人差し指に向けて徐々に握力が低下していく、つまり小指が最も握力が強いという特徴があります。

そのため、手コキの際にお客さまから見て順手となるように握って手コキをすると根本の部分に強く刺激が発生します。

それに対して逆手、つまり小指が性器の先端側に来るようにして手コキをすると、

亀頭部分に強い刺激が発生するようになります。

こういった刺激をする部位の使い分けをすると、当然ですが快感の度合いや快感そのものが大きく違ったものとなり、

より刺激的な快感が生まれます。

このような刺激をする手つきや刺激自体が大きく変わるようなサービスを楽しめるように、

複数のテクニックを組み合わせて提供しているのがこの手コキというシンプルなサービスなのです。


池袋の痴女性感では基本的なサービスである手コキに始まり、そこから派生する射精管理や男の潮吹き、

はたまたより過激なドライオーガズムといったサービスを思う存分楽しめる店舗が多数あります。

そのため、刺激的な快感を楽しみたいのであればこの池袋にある手コキなどを楽しめる店舗を利用するのが

非常にオススメであるといえます。


そしてもし痴女性感で刺激的な快感を楽しもうと考えているのであれば、一度風俗嬢の手コキのテクニックなど、

中身の部分に注目をした上で一度サービスを楽しんでみてはいかがでしょうか。
コチラの記事がいいなと思ったらスター(いいね!)しよう
いいね! 0

そんな時はこちら

「池袋待ち合わせ型」「池袋大塚ホテル自宅出張デリヘル型」