池袋・大塚エリアの痴女M性感手コキなら池袋痴女性感フェチ倶楽部の池袋で超絶悶絶亀頭攻めを堪能できるM性感風俗店

女性求人はこちら

男性求人はこちら

池袋で超絶悶絶亀頭攻めを堪能できるM性感風俗店

2021.05.27


こんにちは!スターグループ広報担当の星野です!

風俗店にはさまざまなプレイがあります。今まで体験したことがなかったプレイも多いでしょう。風俗店を通じて初めて知ったり経験することもありますよね。ここでは風俗では主流ですがなかなかプライベートではお目に掛かれないプレイについてご紹介していきます。

たとえば「亀頭責め」
ペニスの先端にある亀頭。弄れば気持ち良いものの、あまり「亀頭だけ重点的に」弄ることはありませんよね。神経が集中しているからこそ、刺激が強すぎて痛みに発展することもある部位です。

自慰行為ではなかなか責めにくい部位でもあります。だからこそ、風俗店で攻めに攻められて欲しい部位
下手をすると痛みを伴うほどの刺激になる部位だからこそ、攻めに慣れたM性感風俗で体験してみませんか?
ここではそんな亀頭責めについて星野がご紹介していきます。


なかなか奥が深い亀頭責め




男性ならおわかりでしょうが、亀頭って神経が集中しているうえに皮膚が薄い部位なんです。繊細なペニスの中でも特に繊細な部位。ということで、普段の自慰行為では竿を中心に触る人が多いでしょう。亀頭を刺激すれば早くイクこともできますが、ちょっと擦りすぎると痛くなる場合も。だからこそ、ヘタに他人に触れられたくない部位でもあります。

だからこそ、風俗嬢の出番です。
亀頭責めって、向き不向きがあるんです。あまりイジされすぎると痛い場合もあるし、亀頭よりも竿を扱いたりなんなら挿入しちゃったほうが気持ちが良い!って人も多いでしょう。確かに即物的な刺激をはそちらのほうが得られやすいかもしれません。

亀頭責めは、どちらかというとM性感、マゾヒスト向きのプレイ。ちょっと痛みと伴うかもしれない、刺激的過ぎる、それでも辞められない刺激はまさにマゾヒスト向きの快楽。そうです、亀頭責めってマゾやM性感風俗では主流のプレイなんです。


亀頭はどういう風に攻めるのが良い?




それではここでは亀頭の攻め方について説明していきますね。実は「亀頭責め」といっても本当にさまざまな攻め方があります。

一般的な方法は唾液やローション、オイルなどで湿らせてからのしごき。やっぱり繊細な部位なのである程度の粘膜は必要。フェラの延長で唾液で湿らせてから行う方法が主流ですが、風俗店ではローションやオイルでぬるぬる状態にしてから刺激をすることが多いでしょう。
ぬるぬるのほうがより刺激を感じやすくなるし、痛みも軽減されるのでお勧めです。けれどもぬるぬる過ぎてちょっと刺激が弱いかも……と思うこともあるでしょう。

実は人によっては乾燥した状態、もしくはガーゼやストッキングなどでしごくとより強い刺激を感じられるという人もいます。乾燥した状態だと痛みも伴います……痛みが刺激につながるマゾヒストであれば、そのままの状態のほうが心地よいのでしょう。
また、ストッキングなどを使った扱きは刺激そのものよりも「ストッキング」といった道具による興奮が強いです。フェチズムを感じることで、より興奮度がアップします。


亀頭責めは「耐えること」でより刺激が高まる




強い、激しい、ちょっと痛い。それでも気持ちよくて辞めて欲しくない……!!

これが亀頭で最大級に快楽を得るために必要なポイントです。前述のとおり、亀頭はかなり繊細な部分……刺激は時に痛みを伴い、強い刺激となるでしょう。だから自慰行為では途中でやめてしまうんです。自慰って結局は自分の気持ち良いところでやめてしまうことができるんです。痛みや強すぎる刺激のその先を狙うことはありません。だからこそ、自慰では十分な亀頭責めの快楽を味わうことは難しいのです。

そして、そんな最大級の亀頭責めを味わうには女性攻めに特化した風俗店が1番。女性攻め、そしてM性感に特化した風俗店は、女性優位のプレイが頻繁に行われています。M性感風俗では亀頭責めは基本中の基本。多くの男性が痛いくらいに刺激的な時間を楽しみ快楽のその先に出会うことができています。大切なのは、とにかく攻めてもらうことです。積極的にどんどん攻めてもらうことであなたは亀頭本当の気持ちよさに出会うことができるでしょう……。

ここで大切なのが「とにかく亀頭で感じたい」という意思をつたえることと「本当に辛いときには辞めてもらうこと」です。
もし風俗店で亀頭責めを味わいたいときは、とにかく亀頭を攻めて欲しいことをつたえましょう。相手はプロです。とにかく気持ちよくなれるように亀頭を攻めてくれるでしょう。初心者だと伝えることで少しずつ様子を伺いながら攻めてくれます。痛みが少ないように、できるだけ刺激を感じられるように弄ってくれるでしょう。

そして、本当につらい時は止めてもらえるように「NGワード」を用意して用意しておくことをおすすめします。プレイ中の「イヤ」「痛い」はどこまで本当かわかりません。だからこそ、この言葉を言ったら本当に一旦ストップだというワードを決めておきましょう。
けれども本当は、NGワードなど決めずにすべて相手にお任せして進めて欲しいものです。強すぎる刺激は最初はつらいでしょう。辞めてしまいたくなるでしょう。しかしそれを乗り越えた先には今まで味わったことがないほどの快楽があります。その先の扉を拓くためにも、強い刺激を乗り越えてみませんか?


池袋の亀頭責めと言えば『池袋痴女性感フェチ倶楽部』




池袋で亀頭責めを味わいたいのなら『池袋痴女性感フェチ倶楽部』がおすすめです。
名前の通り、痴女が集う風俗店です。M性感、女性攻めに特化した風俗店で、お店には積極的な痴女が揃っています。あなたを大胆に攻め、どんどん刺激をもたらしてくれるでしょう。もちろん亀頭責めもお手の物です。数多の男性をヨガらせてきたテクニックであなたのウブな亀頭を可愛がってくるでしょう。
亀頭をこれほどまでに弄られたことはない!というくらいにどんどん刺激して快楽のその先へと導いてくれます。

亀頭を刺激し続けると男性でも潮吹き体験ができるといわれています。もちろん潮吹きができなかったとしても、強い刺激なことは変わりないでしょう。初めてのアナタの亀頭責めを『池袋痴女性感フェチ倶楽部』にお任せしてくれませんか?
今までにないくらいの最高に刺激的な時間を楽しめる場所です。

『池袋痴女性感フェチ倶楽部』はM性感やマニアックなプレイを楽しむことができる場所です。どちらかというとマゾ気味な男性にぴったりな場所ですが、刺激が大好き、ちょっとマニアックな体験や普段とは違うアブノーマルな時間を楽しみたい人にもぴったりな風俗店です。

もちろん『池袋痴女性感フェチ倶楽部』では潮吹き以外のプレイも楽しむことができます。


  • 言葉攻め

  • ストーリープレイ

  • 3P

  • 前立腺攻め

  • アナルプレイ

  • 聖水プレイ

  • 匂いプレイ


など、普通の風俗店ではなかなか味わえないようなアブノーマルな体験が沢山。普段はちょっと口に出すことができない欲望をさらけだせるのが『池袋痴女性感フェチ倶楽部』なのです。

亀頭だけをとにかく攻め続けられるのはなかなか味わうことがない刺激でしょう。亀頭責めになれた当店では、本当にバリエーション豊富な亀頭責めであなたを楽しませることができます。一度だけじゃあ物足りない!二度も三度も亀頭責めで楽しんじゃおう!!

あなたの新しい刺激を開発できる!
『池袋痴女性感フェチ倶楽部』ではいつでもご連絡をお待ちしております。
コチラの記事がいいなと思ったらスター(いいね!)しよう
いいね! 0

そんな時はこちら

「池袋待ち合わせ型」「池袋大塚ホテル自宅出張デリヘル型」