痴女M性感風俗、痴女性感フェチ倶楽部の男の潮吹きするための奥義

ブランド

男の潮吹きするための奥義

男の潮吹きするための奥義

「男の潮吹き」「ドライオーガズム」専門店。痴女性感フェチ倶楽部グループ。

全国展開しているM性感の大手グループの痴女性感フェチ倶楽部は一般的な風俗店と違い、男性が完全に受け身になりヘルスサービスを一切おこなうことなく、非日常的なサービスを提供しています。

普通男性は女性に触れたい。キスをしたい。フェラをされたいなど、男女が入り乱れるプレイを望みます。

男性が女性を責める。女性が男性を責める。

どちらか一方だけでなく、両方を望む生き物なのです。

そんな男性の女性を責めたいという欲求を一切ださせることなくサービスを進行させ、奥様や彼女では決して真似をすることのできない強烈な快感をお届けしています。

「強烈な快感」、その中の一つに「男の潮吹き」があります。

一般的に「潮吹き」は女性がするものと考えられがちですが、実は男性も潮を吹くことができるのです。

女性の潮吹きはプレイ中に何度も吹くことができますが、男性の潮吹きは基本的に射精後のワンチャンスです。

男性は射精をすると、急激に性欲がなくなります。オナニーをした後、「俺は何してんだ。。。」

そんな心境に陥ったことのある方は多くいるはずです。そんな心境の時、実は亀頭はすごく敏感になっています。

男女に共通のことですが、イッたあとはそれぞれの局部は非常に敏感です。
男性は亀頭が非常に敏感になっており、少し擦っただけでも思わず声を出してしまうほどです。

そんな敏感になっている亀頭を思いっきり擦る。これが男性の潮の吹き方です。

インターネットで「男の潮吹き」について調べてみると様々な成功法が出てきます。

「水をよく飲む」「気持ちをリラックスさせ、集中できる場所でプレイをする」「おしっこを漏らしそうになっても我慢せずに理性のタガを外す」などが多くのサイトに基本的に記載されている内容になります。

上記の内容はもちろん重要なことですが、一つ忘れてはならないことがあります。

数々の成功法を試してみてもこれがクリアできないと潮吹きは絶対にクリアできないでしょう。

それは「我慢」です。水をいくら飲んでも、いくら環境を整えても、おしっこを漏らせても「我慢」できなければ意味がありません。

人間は甘えたがり、自分に優しい生き物です。

自分への刺激には非常に弱い。しかし、人には厳しい生き物です。

誰だって楽をしたいもの。楽に気持ち良くなりたいものなのです。

しかし、潮吹きの奥義は誰もがしたくない「我慢」なのです。

どうしても「潮吹きがしたい。」「俺は潮吹きがしいたいんだ。」...

ここまで読んでみて、「俺には向かないな。」「我慢なんて俺にはできない。」「いつでも正直に生きていたい。」

そう感じている方は潮吹きへのチャレンジはまだ早いかもしれません。

「我慢」することに納得がいかなければ、チャレンジをしてみても途中で耐えられずに逃げ出してしまうことでしょう。

それでもどうしても「潮吹きがしたい。」「俺は潮吹きがしいたいんだ。」
そんな男性には痴女性感フェチ倶楽部グループがオススメです。

痴女性感フェチ倶楽部グループは星の数程ある風俗店の中でも珍しい、「男の潮吹き、ドライオーガズム専門店」として営業しています。

すべてのサービスが男の潮吹きとドライオーガズムを達成させる為に考え尽くされ、男性はただ女性に身を任せて受け身になることで成功率を高める内容になっています。

非日常的な興奮や快感を味わいながら潮吹きに挑戦できる内容ですが、やはり最終的には「我慢」が必要になります。

例えば潮吹きオナニーをしたいと思っている方、射精後に自分の亀頭を自分の手で責める。

動作は簡単なことですが、実際にやってみるとどうしても自分の意に反して手を止めてしまうことがあると思います。

あと一歩のところまでいくことはできても、あと一歩先までがいけない。

頭の中で自分と葛藤し、声にならない声を頭ので中で撒き散らしながら萎えていく局部を見いているだけ。

そのようなご経験がある方は痴女性感フェチ倶楽部グループの痴女に手足を拘束された状態で亀頭責めをされてみてはいかがでしょうか。

我慢できる。できない。この状態であれば一切関係がありません。自分の意志はそこにはありません。

すべては射精の数倍気持ち良いといわれる強烈な快感を得るためです。

先程もいいましたが人間は、自分への刺激には非常に弱い。しかし、人には厳しい生き物です。

弱い自分は厳しくしてくれる人のもとに委ねるべきなのです。

あくまでも最初のきっかけのためですが、潮吹きの経験がまだない方は最初はプロの手に委ねることで潮吹き成功までの道はグンと縮まります。 数多くの経験を積んだ痴女に身を任せてまずは自分を知ることから始めてみることが大事です。

何度か成功するうちに潮を吹きやすい体質に開発されているなんてこともあります。
そうなったらもう自分の好きなタイミングでお好きなように潮を撒き散らすことができるのです。

もちろん痴女性感フェチ倶楽部グループでは手足の拘束をしながら潮吹きをすることがセオリーではありません。

一見ただ性欲を解消するためだけに利用するイメージがある風俗ですが、利用の仕方やお店によっては自分を開発するためや訓練、人生の幅を広げるためにも利用できるのです。

日常生活の中にありふれた快感や刺激に飽きてしまった方、そろそろ普通の風俗に飽きてしまった方はぜひ痴女性感フェチ倶楽部をご利用下さいませ。