福岡・中洲エリアの痴女M性感手コキ風俗なら福岡痴女性感フェチ倶楽部の「福岡痴女性感フェチ倶楽部」でソフトで優しいのにM心に触れる『聖水遊び』を!

女性求人はこちら

男性求人はこちら

「福岡痴女性感フェチ倶楽部」でソフトで優しいのにM心に触れる『聖水遊び』を!

2021.11.28


こんにちは。スターグループ・広報担当の星野です!

M性感といえば、「いじめられ・責められて」喜ぶ図がまずは思い浮かびます。

しかし、当グループが推進する国内各風俗激戦区で生存競争に勝ち抜く「痴女性感フェチ倶楽部」では、M性に特化しているのは当然としても、ソレだけではない魅力・快楽がいっぱいなのが特徴。

それも、中州や天神を擁する一大歓楽街・福岡エリアでも口コミやSNSで評判なのですから「実力」のほどが分かろうというモノです。

「痴女」「性感」といったキーワードからは、M性に帰属したプレイが想像されますが、「M属性」だけのお客様が楽しむだけのお店ではないという事を、まずは宣言しておかないといけないでしょう。

つまり、基本はM性感でありながらオールラウンドで楽しんで帰れるお店であるという事です。
福岡痴女性感フェチ倶楽部では、風俗に通い慣れたお客から風俗ビギナーにいたるまでをも虜にしてしまう魔法のような魅力が隠されているのです。

ただ「受け身」で感じるのではなく、“痴女の責め”やドライオーガズムのような“特殊な責め”もコンパニオンは備えもっているのですから、お客様の快楽の享受には絶対の自信をを持っています。お客様が常連サンや初心者でも、同様の気持ち良さを得るように工夫を怠ってはいないという点も特筆に値するでしょう。

今回は、そんなバラエティに富んだ責めのなかでも「聖水」についてを強く紹介してみたいと思います。聖水を単なる=オシッコ・プレイとしてではない「痴女がお相手の」聖水プレイと捉えて、楽しむための(フェチの)プレイの手がかりとして解説してみます。


痴女+性感+フェチ…楽しみ方イロイロ!




福岡痴女性感フェチ倶楽部の特徴としては、まずは「M性」の強いお客に対しての“快楽の与え方”を徹底する事が肝要と考えています。

前章では「~ビギナーにいたるまで」と謳ってはいますが、M性感という特性が強い事実が(基本として)ある以上は、当然のプレイ・メニューではあります。

「M性感」を基本としているので、M客へのこだわりは他の追従を許さない技・受け身を徹底しています。曰く「王様のように」オマカセで何もシないでも満足して帰れるシステムです。
それも痴女が虐めながら責め立ててくれるのですから、タマりませんよ!

当スターグループでは、M性感では「SMもどき」や「SMみたいな」「ソフトSM」のような“M気分”だけではなく、発射して帰る時に心地よい疲れを伴う疲労感や満足感を得られるようにしています。
つまりSMチックなプレイを売りものにしていても、それだけではない「+アルファの魅力」が、あるというわけです。

一例として挙げるとするならば、コンパニオンの容姿やプレイ内容がかAV嬢のように秀でています。
見た目やスタイル・接客が「M属性」を持つお客様の性的指向にハマるのであれば、発射のタイミングもばっちりですよね!
コンパニオンの容姿の好みと合えば、射精後のタイミングとの、マッチングも一致して心地良い射精後の疲れとともにお店をあとにする事が享け合いです。
これがホントのAV以上の快感=悦楽なのでしょう。

加えて「見た目がAV嬢以上の快感」とすれば、脳内の悦楽度も負けてはいません。お客自身が妄想して構築したプレイが現実となって相対してくれるのです。
風俗で言うならば、「イメクラを具体化した肉感プレイ」と言えばいいのでしょうか。

ここで更に付記すれば、同グループのAD(広告)などの類ではコンパニオンのスリーサイズや体験動画、プロフィール写真などの画像は「一切の偽りナシ」で掲載しています。

「広告よりも目が小さいな」とか「こんなにウエストが太ってたっけ?」、こんな感想は皆無なんですよ。

福岡痴女性感フェチ倶楽部では常にリアルシングスな、コンパニオンの性質を披露しています。
何事にも、真実を追及したいですよね。


遊び方は千差万別、十人十色が基本




「痴女が責めていて、ナニもしないで王様のように(発射して)遊ぶ」のが代表的な痴女性感ですが、福岡痴女性感フェチ俱楽部では、まだまだいろんな遊び方のM性感があります。

具体的に「これだ!」と明言するのは難しいものの、ここで前章に続いてM性感を必要とするときを考えてみましょう。

・優しくエロく、時には責められたい
・妄想を「ストーリー・プレイ」としてかなえたい
・痴女系AVのように、2人同時に責められたい
・前立腺責めのように「男性のみ」の快感を味わってみたい
・“ドライ・オーガズム”のように、何度も果てなく快感を持続させたい

等々、いろいろなプレイが挙げられると思います。

繰り返しますが、「M性感」とは、ただ虐めまれて喜ぶプレイではなくて、“虐げられてメンタルでも楽しむ”事を言うのではないでしょうか。そこには、実際に技を加えられて嬉々とする快感もあるでしょうし、自分で描いた「虐められて喜ぶ」といった肉体的・精神的な抑圧もあるはずです。

それら「Mの世界」に身を委ねて、自分のM性を解放してあげる事こそが“(自分)自身にとってのM”性の楽しみ方なのではないでしょうか。
この章では、自分にとってのM性感についてを追記してみたいと思います。


男性だけの快楽から美女AV嬢との瞑想まで


M性感といっても“いやらしい言葉を発しながら、乳首等を責められていく”だけではないと前章では解説してきました。
もちろん、「言葉責め」が脳内を刺激して瞑想の闇に沈んで行く様もコンパニオンが手を使わないで快楽に導いていって痺れるほどに「気持ちイイ」です。

ただ、そんな妄想イメージだけではなくて“ノーマルではない快楽の獲得”(ここでの「ノーマル・非ノーマル」は、SMやアブノーマルについての論ではありません)についての探求も福岡痴女性感フェチ倶楽部では、忘れてはいません。

M性感のなかに、「王様のような」「ナニもシない」というプレイも取り込んでいるのです。

□シャワー
プレイ前のシャワーから始まるシャワータイムは「いちゃつく前戯」として捉えて推奨していません。全身を洗い流す事からプレイはスタートしています。

□イメージプレイ
妄想を現実化して股間への刺激をうながします。
お相手のコンパニオンがAV嬢レベルや、それ以上のボディの持ち主ならば、一層の盛り上がりを期待できるでしょう。

□複数責め
出張型では珍しい3Pも可。まさに、王様気分です(対応可能なコンパニオン/要確認)。

□前立腺責め
アナルや前立腺といった“未体験”ゾーンの開発にも務めてくれます。

□ドライオーガズム
普通の射精の100倍気持ち良いとされているプレイです。しかも、何度も味わえるというのですからタマりません!

□男の潮吹き体験
女性の潮吹きを視覚的に楽しむ事はママあれど、なかなか男性の身で体験する事は珍しいです。こちらは、一度発射したあとでも、そのままペニスをシゴき続ける事で得られる無限ループな快楽。
脳内がヘナヘナになってしまうかも!?

 以上、これらの様々なプレイを言葉責めと一緒に味合わせてくれるのですから、疲れてはいても嬉々とした満足感を得られるのですから、並みのM性感を超えたレベルの高さが分かろうというものです。


M性感の隠し玉「聖水プレイ」で未体験な快感を!




ここまで、M性感に絡めた福岡痴女性感フェチ倶楽部のプレイ具合を紹介してきました。妄想に寄ったストーリープレイや言葉責め、男性のみの快楽を得るプレイ…etc。

フェチに寄った軍手でのシゴき、脚に寄ったパンストシゴき等々、実にさまざまな「技」を出してくるところが、気持ち良いうえに精力が吸い取れれていくようで、性的にも満足できました。

そのなかでも、今回は「M性に寄った」プレイ=聖水プレイを紹介しておきます。
福岡痴女性感フェチ倶楽部では、オシッコを単なる排泄物と捉えずに「聖なる水」としてプレイの小道具にしているのがミソです。

普通の聖水プレイは、オシッコをかけたりかけられたりして楽しむのがオーソドックスです。しかし、福岡痴女性感フェチ倶楽部では、聖水を「かけられ」「飲んで」性感を高めて楽しむという、ここでも「M性感」の要素をバッチリとコンパニオンに仕込んでお客様に提供しています。
聖水をかけられたり・飲まされたりするM属性を持っているお客には十分な満足感を得てもらおうというものなのです。

ちなみに、「かけられたり「飲まされたり」する行為について、ここでもM性を味わったお客は、
「SMではなくても、フェチととらえれば聖水は欠かせない」(40代・出張族)
「聖水初体験にどハマりしました。また、リクエストしてみたい」(30代・中程度の風俗通)
 なんて、好評な様子でした。「いつものM性感に聖水プレイをプラス」すると、思っていた以上の効果を発揮してくれるみたいでしたよ。

このように、同じデリバリー・派遣タイプ、待ち合わせタイプを利用するとしても福岡痴女性感フェチ倶楽部では、1歩先んじたプレイが期待できそうですよ。
M性でつながった「一体感」を存分に感じてみてください。

「M性感」を超えた「超M性感」の味を、チェックするのもオススメですよ!
以上、情報提供は、スターグループ広報担当・星野でした!!

そんな時はこちら