福岡・中洲エリアの痴女M性感手コキ風俗なら福岡痴女性感フェチ倶楽部の福岡のマッサージで、ひと味違った“前立腺”の快感に埋もれてみたいっ!

女性求人はこちら

男性求人はこちら

福岡のマッサージで、ひと味違った“前立腺”の快感に埋もれてみたいっ!

2021.10.26


こんにちは! スターグループ広報担当の星野です!

大気の質が寒さを増してきていますが、今回も『常夏仕様』で1年中“熱いお店”を紹介します!

デリでも性感でも、コンパニオンの見た目ありきで中身(技・内容)にまでこだわりを持ったお店って意外と少ないですよね?

例えば、M性感に特化したお店があると聞くと、リサーチも兼ねてプライベートで遊びに行ったりもするのですが、お客で伺っているのに“かえって疲れた”と思ってしまうのは私だけではないんじゃないですかね。

せっかく風俗店に通うなら、心身ともに解放されてよりエネルギッシュになって帰途につきたいものです。
そんな中にあって、コンパニオンが美しくて超テク、ストーリーの構築もきちんとされていると福岡界隈で評判なのが「福岡痴女性感フェチ倶楽部」なのです。

AVのようなストーリーもこなしてくれて、しかも「受け身の醍醐味」を十分に満たしてくれるのですから、「至れり尽くせり」といったところ。プレイ終了後には、スッキリした気分だけではなく、心地良い疲労感や精力を吸い取られたような脱力感も得られるんですよ!
単なるMに特化しているだけではなく、前立腺マッサージや各種フェチへの対応等もきちんとかなえてくれる、嬉しいメニューとなっています。

さらに、特に男性特有の「前立腺の刺激」が特筆すべき点でしょうね。
今回は、こうした特性を持つ「福岡痴女性感フェチ倶楽部」の詳細をガイドしてみます。「明日への活力」として、有効活用してみましょう!


ミクスチュアされた快感の源は店名の中にあった!


m性感


そもそも全国に展開する「痴女性感フェチ倶楽部」という店は、

「どんな内容?」
「どんなサービスで昇天(射精)できるの?」

と疑問を持っている風俗ユーザーや風俗ビギナーの方々も多い事でしょう。

なかには、逆にいち早くお店に顔を出してコンパニオンの『テクのシャワー』を体感して、だいたいの“快感のカタチ”を掴んでいる人も少なくのではないでしょうか。

これは、激戦を極める地域になればなる程、顕著に見られる傾向です。それだけ風俗店を利用する男性の数が多い事にも起因します。
この章では、そうしたプレイ内容の概要の説明から入りたいと思います。

まず、分かり易く説明するならば店名を読み込めば大方の内容が分かるようになっているのですよ。単なる語呂合わせや、流行後の羅列ではありません。

この店の場合、福岡痴女性感フェチ倶楽部が店名なのでまずは所在地が福岡という事が分かります。福岡といえばフーゾク激戦地、そこでしのぎを削って営業しているのなら、基本的なコンパニオンのマナーや技術的には問題が無いと自然と分かると思います。

そして、「痴女性感フェチ倶楽部」の語彙を分析してみると、

・天性と思わせるような痴女(痴女+性感の場合も)が相手
・性感(責めのスペシャリストがお相手)
・フェチ(お客様の嗜好に合った責め)

という各長所がミックスされているのが分かりますよね?
つまり、さまざまな「責め(られ)の要素」を含んだ快楽が期待できるというわけです。

痴女が責めに撤して性感を刺激する画(絵)が、店名から見えてきます。しかし、「福岡痴女性感フェチ倶楽部」では、M性が強くなくても楽しめるような「ひたすら受け身で快楽を得る」システムではなく、M性に目覚めていなくてもちょっとした好奇心から「M」を感じる事もできるようになっているので心配は無用。積極的に責めてくる痴女が、アナタの性癖に対して「責めの強弱・硬軟」をイイ感じのさじ加減で感じさせてくれるので安心して身をまかせる事が可能になっています。

ここでの痴女は(=変態気味に)自分からオトコの体を弄ぶ女性という意を越えて、各個人に合わせた快楽を提供してくれる優れた女人と考えてください。

もちろん、世間一般で言う「変態的な積極嗜好」を持ったコンパニオンも在籍しています。ここは彼女らの術中にみずからハマって、自分からヨガリ声をあげたり、体をくねらせて“感じる”事を試みてください。「奥さんには見せられない」「彼女には恥ずかしくて言えない」性癖でも、とにかく遠慮なくスタッフやコンパニオンへ申し出て、貪欲る事をオススメします!

さらに、店名そのものだけから「お遊び模様」を察するのではなく、その文字以外から見え隠れする痴女の魅力について、そちらも紹介しておきましょう。


店名+αの魅力とは?


「痴女」「性感」「フェチ」と謳っている以上は、これらがプレイの中枢と成しているのは当然です。ただし、それらネーミングに含まれないプレイにも特筆する点が多いのも福岡痴女性感フェチ倶楽部の特徴でもあります。

次章の予告代わりに、サラッと記しておきますと、たとえば痴女を相手にするだけに、「従順性」や「耐久性」が求められるケースも多々あります。それも、一緒にプレイするコンパニオンの質が高いのですから、ガマンのシがいがあるというものですよね(笑)。

ヴィジュアル、エッチ度、テク…etc。と、AVのような世界へ没入できるのですから、受け身に徹して、ただただ眺めていたい時もあります。

痴女コンパニオンが乳首舐めをしてくれる姿やネットリと体を絡めてくれている姿、言葉責めに従う自分、というように“ふたりの世界”を形成するのも良いでしょう。
痴女の責めにフェチズムを加えてもらい、ゴツゴツした軍手での手コキや、聖水を掛けてもらったりと、色々なフェチや羞恥にも対応できます。

ありきたりの攻め(責め)では物足りない御仁には、アナルや前立腺マッサージといった、特殊性のあるテクの披露もアリ(要問合せ)です。
つまりは「地(エリア)名」+「パッケージ名(この場合は『痴女性感フェチ倶楽部』)」だけではない、超絶なヌキ所が店名のほかにも存在しているんです。


「責められてイく!」さまざまな「責め」を放ってくる上質な痴女達




(本文)

店名に入っている重要ワードから、プレイを推察するのもイイですが、当店では広告・告知も丁寧に扱っているのが特色です。なので、変な「勘ぐり」が無用なのです。
グループ全体の方針として、スリーサイズの虚無の申請や画像の加工も一切ナシでやっているのもお忘れないように。

広告やホームページを見てコンパニオンを指名してみると、現れたのが全くの別人で「?」。なんて事はありませんよ。

SNS社会でコレをやってしまうと、事実に尾ひれが付いて拡散してしまので画像と実物は、“同一人物”でヤらせてもらっています。というよりも、痴女を募集する際にヴィジュアル的にハードルを上げておけば、「まるで別人」という事は無いわけです。

コンパニオンの特性については、こればかりは素養がなくては困りモノなんですけどね。一例を挙げるならば、「痴女」というキーワードからは、ただイヤラシくて超Hなコンパニオンが抜いてくれるのではなく“AVを観ている以上に卑猥に迫ってくる!”といった具合です。

確かに「痴女」といえば、積極的にスケベに攻めてきてハードな技でお客様に接する、というイメージがあります。間違ってはいませんが「福岡痴女性感フェチ倶楽部」では、その上のハードルを高く超えてAV嬢顔負けのテクで責めてくるのですから、M性の強いお客のチ〇コは渇く間もないのです(笑)。

同様に、「自分の妄想ストーリーを具現化したい」とか「痴女系2人に同時に責められたい」「聖水を掛けられたり飲んでみたい」といった、普段は要求さえできないプレイもかなうのです。

ハードではありませんが、SMチックな欲求もアリ、美脚やパンスト等「足」にこだわりたい“フェチ派”にも対応しているのが現実なのです。

卑猥な淫語での言葉責め(場合によっては羞恥含む)、フェザータッチ、リップサービス、乳首舐め等々で、受け身のままで感じさせてくれるのです。
お好みならば「王様気分」も味わえるのですから、バリエーション豊富に責められてみてください。


「前立腺マッサージ」をはじめとする、特殊な快感も…


前段で「豊富なバリエーションで…云々」と述べましたが、もうひとつ別種の“特殊な快感”の追求も福岡痴女性感フェチ倶楽部が大きく掲げるテーマとして存在します。

そのプレイ群にあるのが「ドライオーガズム」「男の潮吹き」、そして男性にしか体験できない「前立腺マッサージ」です。
プレイ途中には「ドライオーガズム」、発射後には「男の潮吹き」を合わせて受ける事で快感がSEXよりも数倍は気持ちが良いとされています。

また、機会の少ないアナルへの刺激や男性特有の機能を目覚めさせて達成感を増す作用をうながす「前立腺マッサージ」での責めも繰り出せるコンパニオンも多いので、こちらが未体験ならば是非ともこの機会に新しい刺激に目覚めてイってほしいところです。

以上、概略ではありますが「福岡痴女性感フェチ倶楽部」の魅力を挙げてみました。

全体的なミソとしては、AV嬢クラスの美痴女がお相手してくれる点と普通の射精目的のプレイを越えて「M」・「責められ」に特化している点が特筆できると思います。

デリバリーするも良し、待ち合わせしてワクワク感も味わうも良し、気軽に遊んでみる事をオススメします!
(聖水等、料金込み込みのプレイもあります。詳細は要問合せで)

そんな時はこちら