痴女M性感風俗、痴女性感フェチ倶楽部のドライオーガズム奥義

ブランド

ドライオーガズム 奥義

「ドライオーガズム」

それは男性が女性のようにイクことができる。
男性が女性のように声を出して、喘ぎながらイクことができる。
男性が女性のように腰を浮かせて、痙攣しながらイクことができる。
男性が女性のように何度も何度も、イクことができる。
そんな夢のようなオーガズムのことをいいます。

日常生活で奥様や彼女とセックスをしていて「羨ましい」女性をそんなふうに思ったことはないでしょうか。

こんなに声を出しながら感じている。
こんなに身体が痙攣している。
さっきイッたのにまたイッている。

などなど男性ではありえないほど気持ちよさそうに感じている女性を見て、 自分も一度女性になって女性が感じている快感を体感てみたい。
そんなことを思ってしまうこともあります。

男性はいくら頑張っても射精の一回しかオーガズムがありません。
どんなに女性を気持ち良くしても、どんなに頑張って腰を振ったって一回なのです。
そして残念なことに声を出してしまうほどの快感ではありません。
不平等。そんなふうに思ってしまうこともあります。

努力は必ず報われなければなりません。
やったらやった分の対価がなければ、人間は頑張れない生き物です。

そこでオススメのお店が五反田の風俗、「痴女性感フェチ倶楽部」です。

「貴方のアナルがオマ○コに」
そんなコンセプトを掲げた、あまり一般の方には馴染みのないM性感といわれるジャンルの風俗です。
一般の方に馴染みがない。否、一般の方がまだ目覚めていない快感を提供している風俗店なのです。

まさか自分のアナルがオマ○コに変わるなんて。
自分のアナルの中に性感帯があるなんて。
しかも女性のように感じることができるなんて。

普通に生きていてはまず気づかない、知り得ない内容ですが今、利用する男性が増えている人気のお店です。
ドライオーガズムや男の潮吹き専門のお店で、しっかりと講習を受けた痴女といわれる女性にサービスを受けることができます。

「痴女性感フェチ倶楽部」

お店の名前の通り、スケベなことが大好きな痴女が、男性の全身の性感帯を刺激し、男性のあらゆるフェチにお応えするお店です。
このプレイ内容はすべて「ドライオーガズム」「男の潮吹き」の2つを達成するために作り込まれたもので、非日常的な興奮や快感を得ることで成功率を上げているのです。

ところがドライオーガズムは全ての男性が必ず到達するものではありません。
一回で到達する人もいれば何度か通ってからの人、何度通っても到達しない人がいるのです。

いくら講習を受けた女性に、しっかりと作り込まれたプレイでアナルを責められても成功率は100%ではありません。
そんなドライオーガズムの成功率を少しでも上げる為の奥義を今回はご紹介したいと思います。

インターネットでドライオーガズムの成功率を上げる方法を検索すれば様々な方法が紹介されています。
大体どこのサイトも書いてあることは似た寄った同じ内容で、たしかに間違いではありませんが非常に大事な部分が抜けています。
今回ご紹介する奥義はおそらく、どこのサイトにも載っていないものでしょう。

下着姿のセクシーな女性とSMプレイ

そして、ものすごく意外な内容で、ものすごく簡単なものです。
おそらくこの奥義を知ったとき、「無理だ」と思う人もいると思います。
ただ、その時点で成功率は上がりません。
なるほどと思った方はその時点で成功率はすで上がっています。
そのものすごく意外で簡単な奥義が、
「相手を好きになる」
これなのです。

what?
そんなふうに思った方もいることでしょう。
しかしこれはまぎれもない事実です。
実際は頭の中でそう思うことが大事で、本当に好きになる必要はありません。
ただ、一緒にいる例えば90分の時間だけ相手を頭の中で好きになるのです。
これはサービスをする側の女性にも同じことがいえます。
お相手の男性を好きになること。
それが男性をドライオーガズムに導く上で非常に重要なことです。

どこどこのお店の誰々がドライオーガズムがすごくうまい。
こんな噂をよく耳にします。
確かに、その女性は技術の面でも他の女性より長けている部分があるのかも知れません。
しかし実際はこの「相手を好きになる」ことに長けている女性であることが多いのです。
M性感、ヘルス、キャバクラそれぞれ違ったお店ですが各お店で人気の女性に共通していることは
「相手を好きになることができる」
という部分になります。

好きな人に触れる時と好きじゃない人に触れる時。
好きな人を見る時と好きじゃない人を見る時。
これは全く違うはずです。
さらにどちらの場合もお相手は気づいています。
すごく簡単な話ですが
「好きな人とするセックスと、ただ性欲を満たすためにするセックス」
どちらが本当に気持ちの良い、満足がいくものでしょうか。
「好きな人とするセックス」
そう答える人が圧倒的に多いことでしょう。


もっと簡単にいうと
大事なものと大事じゃないものの扱いは全く違うはずです。
大事にされたものは長持ちし、さらに永い間持ち主を満足、楽しませてくれるのです。

ではドライオーガズムの成功率を上げるために「相手を好きになる」ことで実際に何が変わるのか。

自分のことを好きになってくれる女性を探すのも一つの手ではありますが
どこに探しに行けばいいのでしょうか。
数打てば当たるという考え方もありますがお金がいくらあっても足りません。

そこで本当にドライオーガズムを達成したいのであれば、まず自分が相手を好きになる必要があるのです。
頭の中で相手を好きだと思い、そう思った上で相手を見て、相手と話しをし、相手に接するのです。
これは相手に必ず伝わります。

そして、自分に対して好意を抱いている人に対して不快感を覚えることはそうそうありません。
自分に対して好意を抱き、大切な人を扱うように接してもらえることに相手は嬉しさを覚えます。 好きな人を大切に扱うことで、その気持ちが相手に伝わり、嬉しくなった相手は自分を大切に扱ってくれるのです。
大切に優しく、相手のことを思いながらお互いに求めあうことでよりプレイは気持ちの良い充実したものになります。

ドライオーガズムを達成するために大切なことの一つに「どれだけリラックス」しているかということがあります。

相手に緊張感を覚えず、安心して身体を任せることができるか。 それが非常に大切なことです。

例えば女性が処女を捧げる時、この人なら安心、大丈夫と思った人に捧げているように
男性も自分のアナルを捧げる時にこの人なら安心できるという女性であればある程リラックスした状態でサービスを受けることができます。
この状況はなにもそう思ってくれる人を待つのではなく、自分で作りだしていくことができるのです。

相手を好きになることで、相手も自分に好意を抱き相手により気持ち良くなって貰おうと思いながら相手に触れるのです。
こうすることで相手のことをより知ろうと思い、相手の身体の変化などに非常に敏感に反応するようになるのです。
これがドライオーガズムを達成する上で非常に重要なことなのです。

女性を責めるときもただがむしゃらに性感帯を刺激すればいいものではありません。
相手のことを想い、相手のことを感じることで自然と相手を気持ち良くさせることができるのです。 そこに「気持ち」があるか、ないかでドライオーガズム達成への道は大きく変わってくるのです。