痴女M性感風俗、痴女性感フェチ倶楽部のドライオーガズム方法(やり方・コツ)

女性求人はこちら

男性求人はこちら

女性求人はこちら

男性求人はこちら

ブランド

ドライオーガズム 方法(やり方・コツ)

まずは「前立腺」そして 「ドライオーガズム」についての 簡単な知識をご説明させていただこうと思います

ドライオーガズム方法

ご存知の通り、前立腺という男性だけにしかない性感帯はアナルの中にあります!

アナルと言えば、排出物の出る少々汚いイメージをお持ちだったり、同性愛者の方のSEXをイメージされる場合が多く、何となく一般的には敬遠されがちな場所です

しかし、よ〜く考えてみて下さい!

男性のペニスは、例えるならば女性のクリトリス では、女性の「膣」は男性で言えば一体どこにあるのでしょうか?

神様は、我々男性のアナルに、女性でいうところのGスポット 「男のGスポット」を隠しこんだのです。

女性であってもクリトリスオーガズムと膣でのオーガズム「中イキ」では数十倍快感に違いがあるというように、男性のペニス射精と、アナルでのドライオーガズムでは快感のレベルが全く違うのです。

1分以上続く長いオーガズム(ドライオーガズム)を得る為のコツを ここでご紹介したいと思います!

コツ1 まずは前立腺の位置(感覚)を得ること

前立腺を長時間刺激していると、だんだんと感覚が麻痺してきますが、その際に最初にアナルに物(例えばエネマグラ)を挿入していた頃よりも快感が増していけば、ドライオーガズムに近づいていると言えます。

まずは自分自身の「前立腺」の位置、刺激を受けている感覚を分かるようになることがドライオーガズムへの第一歩です

コツ2 前立腺刺激に慣れましょう!

アナルの中に長時間の間エネマグラ等を入れていると、慣れるまでの間は「不快感」を感じたりする場合もあります。しかし、約30分程度の時間は中に入れたままでじっくりと我慢して下さい。

特にエネマグラは器具の特性として、少々時間をかけて自分自身の肛門括約筋を解放したり収縮させたりを繰り返すことで前立腺に強力にフィットし、刺激を高めていきます。

ですから、最初は何らかの違和感を感じることもあるかもしれませんが、じっと耐え快感が押し寄せるタイミングを待ちましょう

コツ3 乳首や亀頭を同時に刺激する

前立腺刺激を開始して約20分〜30分じっくりと耐えた後は、乳首舐めや優しめの亀頭責めを行います。この時にそれぞれの部位において快感を感じていただけると思いますが、その快感が前立腺に少しずつ響いてくる感覚に襲われると思います。

ここまで来れば、ドライオーガズム成功に限りなく近づいていると言えます。最初からここまで来ることは稀ですが、回数を重ねるごとにその状態に近づいてくると思いますので、根気強く挑戦して下さい

コツ4 体をリラックスさせ、完全に解放して下さい

前立腺に刺激を受けている最中は、無駄に動いたり等、体を動かさないようにして下さい。肛門括約筋を動かすことで、段々と肛門自体が自分の意思とは別に収縮を始めると思います。 そこまで行けば、あと少しでドライオーガズムに達します。 自分の肛門の収縮によって腰が揺れ動き出すような感覚が来ると思いますので、そのとおりに体を動かすように自然の流れに逆らわず体をリラックスさせた状態を続けて下さい。

コツ5 女の子になった気持ちで

こちらは気持ちの問題ですが、4番まで来た方は、あと少しで必ずドライオーガズムに達することが可能です。男の潮吹き同様に「気持ちの問題」が非常に大きく関わりますので、女性がオ○ンコを責められているようなイメージで、その状態を楽しんで下さい

ドライオーガズムは、ちょっとしたコツで成功します。
ドライオーガズムの方法をマスターし、是非当店で実践してみて下さい

ドライオーガズム の奥義について

ドライオーガズムを体験できる当店のプレイ内容を見てみる