頑張れば頑張った分だけ評価されます。風俗店お仕事お探しの方は是非スターグループへ。

世間から見た風俗業男性スタッフの印象と、実際に働いてみた印象

2018/06/28

世間一般から見て風俗業界というのはブラック企業という印象をお持ちではないでしょうか?

そんな世間の目と、実際に働く私の日常も合わせてご紹介致します。

今回の記事を通して、1人でも多くの人に明るいイメージを持ってもらえたら嬉しいかぎりです(^-^)

ますは、本当にブラック企業なのか? 風俗業界のイメージと実情についてご紹介致します。


風俗業界はブラック企業が多い?


風俗業界は高収入求人が多いことで知られています。

高収入であるので興味を持つ方がいる一方、長時間労働やいきなり店長を任されるなど
重い責任を負わされるのではないかと思われているようです。

あまりの激務さに他の業界への転職を決めたという体験談も珍しくありません。
その為世にいうブラック企業に違いないと思われている節もあります。

このようなネガティブなイメージが広がったのは何故なのか?
実際の風俗業界は、世間一般に信じられているようにブラック企業なのか?
風俗業界にまつわるイメージと本当の実情を書いていきます。


慢性的な人手不足


ご存知かもしれませんが、風俗業界は今や一大レジャー産業となっています。

市場規模は5兆円を優に超え、旅行業界をしのぐほどになっています。

一気に市場規模が拡大したため、店舗運営に関わるスタッフは常に不足している状態です。

風俗店の中には、その日をなんとか運営できればいいと考えている経営者がいるのは事実です。
そのような経営者が運営する風俗店では、普通に長時間労働が行われ、激務に追われるのは当然です。

しかし、そのような経営を続けていると、スタッフや女性に見限られ、さらなる人手不足で立ちいかなくなってしまいます。
このように淘汰されていった風俗店は枚挙に暇がありません。

風俗業界には、このような風俗店だけでなく、運営方法を工夫することで人手不足を乗り越えたホワイト企業もたくさんあります。

最小限の人員で店舗運営を行えるノウハウを身につけ、頑張る人材には正しく評価し高収入を与えることで、人心を掌握する力にも長けています。

正しく評価され頑張れば高収入を得られることから、ホワイト企業の従業員満足度は高く運営する店舗が提供するサービスも最高クラスです。

そういうホワイト企業は人材募集に苦労しなくても人が集まってきます。

そのため、8時間勤務や完全週休2日制が普通となり、一般の企業より手厚い福利厚生を実現しているグループ店も多くなってきました。

長時間労働が普通であったブラック企業並みの風俗店が消えていく一方一流企業よりずっとホワイトなグループはさらに規模を拡大させています。

昔ながらの長時間労働や激務といったイメージは、すでに過去のものとなりつつあります。
ブラック企業がないわけではありませんが、それは一般企業でも同じことです。


裏社会との関係


ネガティブなイメージをもたれる原因の1つ、裏社会との関係があります。
映画やドラマの擦り込みで、風俗業界は裏社会とつながりがあると思われている方も多いようです。

暴対法などができて以来、裏の社会と関係があるような風俗店は営業できなくなっています。
一般社会でも反社会勢力がどんどん排除されつつありますが、それは風俗店でも同じことです。

法令を遵守できない風俗店は、営業ができたとしてもまともな広告を行うことすらできません。

広告を出すことができないことで集客ができず、どんどん淘汰されているのが実情です。
現在、風俗店では、ネガティブなイメージを一掃しようと、一般企業以上に法令遵守する店が増えてきました。
表立って反社会勢力と関係があることがわかれば、今では営業を行うことすら難しいでしょう。

最近では、一流企業で活躍していた方が風俗店を手掛けることも珍しくなくなっています。
これだけ隆盛を極める風俗業界なのですから、事業を始めたとしても何もおかしいことはありません。
このような傾向に拍車がかかれば、さらに健全な風俗店が増えていくことでしょう。



ハードではないが楽でもありません




風俗業界は、収入は高いかもしれないけど激務でハードだから続けられそうにもないと思われている方が多いようです。
転職する場合でも、最初から検討リストに入れないという方も少なくないようです。

一昔も二昔も前のネガティブなイメージに左右され、せっかく良い環境の職場があるのに最初から検討しないというのはもったいない話です。
確かに、未だに長時間労働であったり、ハードな労働環境の風俗店がないわけではありません。
しかし、今では8時間勤務や完全週休2日制の風俗店が一般に思われている以上に増えています。

長期休暇が普通に取れたり、生涯学習を支援する制度があるなど一般企業より待遇の良い風俗店も珍しくはありません。
普通のサラリーマンより、よほど厚待遇で仕事をしているのではないでしょうか。

もちろん、仕事ですから、ハードではないとしても楽ではありません。
仕事をする上で悩んだり落ち込んだりする時もあります。
しかし、それは普通のサラリーマンをやっていても同じです。
頑張れば評価してくれる風俗店のほうがやり甲斐があるかもしれません。 以上のことから風俗業界は世間で思っているのとは逆で、ホワイト企業が沢山あるということです。

最後は私の入社からの流れをご紹介していきます。

やはり面接とは何度行っても緊張しますよね(笑)
今ではリニューアルしスターグループになっていますが以前の金龍興業と聞いた時は正直……あ、来る場所間違えちゃった……と思ったのが本音です(笑)

そうこう思っているうちに面接がスタート! 私の思っていたこととは逆でした。
ものすごく丁寧に会社の説明をして頂き、業界未経験な私でも安心して面接ができました。

後日採用と連絡を頂きお仕事がスタートしました。

想像していたよりも全然暗いイメージはなく、むしろ明るいイメージを持てました。
お電話で丁寧に受付をする先輩スタッフを見てカッコイイと思いました。

お仕事も一つ一つ丁寧に教えて頂き正直私が今まで勤めていた会社のどこよりも丁寧でした。
女性との接し方など、実際に見せて頂き、自分のペースでお仕事ができました。

多少慣れてきた頃ミスをしたのですが、怒られることもなく女性も笑って「ミスは誰にでもあるから気にしないで」と言って下さいました。

その後もちょいちょいミスをしてしまう私ですが、先輩スタッフ、女性に何度も助けられながら今でも楽しくお仕事をしています。

最後になりますが、私から言えることは一つです。
他のお店は分かりませんが、スターフループは間違いなくホワイトです♪
ブラックな部分は一切ありません。

むしろ上記記事で紹介したような、高待遇な会社です。

私は仙台痴女性感フェチ倶楽部しか経験がございませんがこの職場が本当に大好きです。

今の先輩スタッフ、女性と共にもっと仙台痴女を盛り上げて行こうと思っております。

今後とも仙台痴女性感フェチ倶楽部を宜しくお願い致しますm(__)m

最後までお読み下さってありがとうございます。

コチラの記事がいいなと思ったらスター(いいね!)しよう
いいね! 3