クラッシック界の古いイメージを打破した、一人のピアニストの話

グレン・グールド、星に還る

2018/07/14

ピアニストのグレン・グールドは晩年ヤマハのピアノ「CF」を愛用していました。
彼が何故この浜松市のメーカーのピアノを選んだのか、その理由を知る人はいません。

22歳でデビューしたグレン・グールドの「ゴールドベルク」は史上最も成功を収めたクラシック音楽のアルバムとなり、彼は一躍時代の寵児となりました。

また彼は奇才として知られています。
・演奏しながら鼻歌を歌う(レコーディング中にも関わらず)
・イスはいつも同じものを使う。違う物だと演奏ができない。
・真夏でもマフラー、手袋を着用
・数十種の栄養剤を服用する。食事はほとんどしない。
等奇行を挙げたらキリがありません。
今で言う発達障害だったのでは? とも言われています。



グールドの斬新な音楽解釈とは?


グレン・グールドはバッハを活動の基盤としていました。
当時、バッハの作品は「禁欲的な音楽」であると考えられており、華やかさを求める演奏者・聴衆にはあまり好まれませんでした。

しかし、彼のバッハは違いました。
歌う!
跳ねる!
躍動する!

彼の演奏はクラシック音楽の概念や約束事を無視したものでした。
旧来の演奏とは全く異なる解釈は、当時の音楽界に衝撃を与えました。
彼の手にかかれば、あらゆるクラシックの古典が新曲になってしまう、ということです。

古いイメージに縛られた音楽界に、彼は革命を起こしたのです!(∩´∀`)∩



風俗業界の古いイメージとは?


みなさんはこの風俗業界にどのようなイメージを持っていますか?

・拘束時間が長い
・休みが無い
・その割に薄給
・保証が整っていない
・何か怖そう
・人間関係が最悪
・裏の社会と繋がりがある(゚Д゚;)
などブラックなイメージがあると思います。

私が過去に勤めた経験のある風俗店では、5日間店に泊まり込みなんて当たり前でした。
当然、その5日間は風呂に入ることができません^^;
そのような風俗店だったので、従業員が急にいなくなるということも珍しくありません。
ある者は入社初日に「ジュースを買いに行く」と行って行方不明となり、またある者は給料日翌日に会社に来なくなりました。

この業界、まだまだブラックな風俗店が多く存在しているということです。
しかしその点、スターグループは法令を遵守し、健全な法人経営を行っております!(*´∀`*)



スターグループの待遇とは?


それでは、当店の待遇や職場の環境をご説明させていただきます。

■勤務時間
1日10時間程度となります。
もちろん残業となった場合は残業代が支給されます。

■休日
週に1日あります。
有給も完全消化です。
稼ぐだけでなく、ワークライフバランスの取れた働き方ができます!

■お給料
風俗業界の広告には嘘が多いです。
お給料が初任給から35万!とか50万!とか書いてあっても、実際は25万くらいだったりするケースが多いです(;´Д`A “

その点、当店は入社時はアルバイトからのスタートで時給1000円~、
正社員になれば月給32万〜となります。
当店のHPに嘘はございません!(*´∀`*)

■保証
社保や厚生年金など各種保険が完備です。

■従業員は怖い?
いたって普通です。
尚、当社は83%の方が一般企業から入社しています。

■人間関係は?
当店は「お客様に満足していただく為には、まずは我々自身が笑顔でプラスの空気を作ることが重要」と考えております。
そこで、スターグループでは、「スマイルルール」を独自に定めております。
そのルールの中では、関わる全ての人に敬語で接することも含まれています。
そしてこれは、社内の最重要ルールとなっています。

これがスターグループが目指すべき、プラスのオーラに満ちた社内の姿なのです。

■裏社会との関わり合いは?
当店は裏社会や非合法団体との関わり合いは一切ございません!(*´∀`*)
風俗店と裏社会の繋がりは、古い映画やVシネなどで多く見られますが、当店はそのような団体と一切つながりはございません。
何かトラブルがあった際は、警察に相談しますし、反社会的勢力にお世話になる事は今後も一切ありません。

前記の通り、当店は健全な法人経営を行っております。
株式会社として法人経営をしていますので納税義務もきちんと果たしております。就労規則も専任社労士が責任を持って取り決めております。



この業界は、まだ古いイメージに捕らわれています


現在、風俗業界はネガティブなイメージが多く、またブラックな風俗店も存在していることは事実です。
しかし近年は長時間労働が普通であったブラック企業並みの風俗店が消えていく一方、ホワイトな企業が規模を拡大させています。

この風俗業界の古いイメージを一緒に変えていきましょう!(∩´∀`)∩



グレン・グールド その後


1977年、NASAの打ち上げた惑星探索機ボイジャー1号・2号には、グールドの演奏が「人類の文化的傑作」として『ゴールデンレコード』に記録されています。
いつか探索機が宇宙人に出会ったとき、最初に耳にする地球の音楽はグールドの演奏ということです。

現在ボイジャーは木星・土星の調査を終え、太陽系外で飛行を続けています。
尚、隣のアンドロメダ銀河に到達するのは3万年後とのことです^^;

1982年、グレン・グールドは50歳の若さで他界します。
きっと星に還ったのでしょう(゚ε゚)

コチラの記事がいいなと思ったらスター(いいね!)しよう
いいね! 1