感動エピソード

毎日充実した日々を送らさせてもらっています

名古屋店 西倉さん




2月に入社していろいろありましたが何個かエピソードを。

その出来事は今年の4月2日におきました。

その日、4月2日は名古屋回春のオープン1周年記念と城元店長の誕生日を一緒に盛大にやろうということで1ヶ月くらい前から張り紙で女性陣に出勤を促すようにアピールしていました。

『1周年記念としてお客様に「在籍女性全員出勤デー」をやります。 その日は店長の誕生日でもあります』というような内容の張り紙です。

4月2日の当日、女性の出勤も集まり、売り上げ的にも入客本数的にも過去最高を記録し店長にはお店として最高のプレゼントをすることができました。

エピソードはそこでおきました。

あるコンパニオンの女性が「誕生日おめでとう」と僕にサプライズでケーキを用意してくれていました。

『なんでだろう?誕生日誰にも言ってないし、入ったばかりの平社員にこんな事までしてくれるなんて?店長の間違いなんじゃないか?』
僕はうれしさよりも驚きがまず最初にきました。

みんなでワイワイおめでとう言ってくれる中、最後に城元店長が「面接の時の
履歴書に4月2日って書いてあったの思い出してさ」とひとこと

この年齢になって、しかも職場で祝ってもらえるなんて感激しました。

言い方は悪いですが、どこか冷めた目でこの業界を見ていましたし、よく裏切られてきました・・・。

こういった経験から自分自身にバリアをはってしまうようになり、人との距離を作るようになってしまってました。

そんな冷めきっていた自分自身を変えてくれるきっかけになりました。

こんな事で?

と思われる方は多いとは思いますが、僕はこの時初めてお店から、女の子から必要とされてるんだなと感じました。

店長はよく言います・・・

裏切られると思うのは見返りを求めているからだと・・・。

これを聞いてから、どんだけでもやってやろうと思うようになりました!

残りの人生回春グループにかけてみようと決心し、城元店長が札幌店を立ち上げに行くと聞いた時、これは力にならねばと思い手を挙げさせて頂きました。

今は毎日充実した日々を送らさせてもらっています。

コチラの記事がいいなと思ったらスター(いいね!)しよう
いいね! 29