風俗業界で働く女性たちの強い味方はスターグループしかない。

周辺の地域はこちら

営業サイトはこちら

男性求人はこちら

営業サイトはこちら

男性求人はこちら

ブランド

風俗業界に身を置くために知っておいた方がいいこと



風俗業界で働いている女性・これから働こうと思っている女性へ

風俗店に勤めるなら断然「ノーハンドで楽しませる人妻」を展開するスターグループだと私は思う

その理由は後に書くとして……

その前に風俗業界……性産業……世界最古のビジネスモデルを振り返ってみようと思う。

 江戸時代などの代表的なのは遊郭・置屋である。
お金の為や口減らしの為に実の親に売られる少女達の悲しい話が多いのではないだろうか

自ら進んで遊郭や置屋に身を置く女性は多くはなかったのではないだろうか。

ちなみに明治以降より、西洋文化のキリストの影響で、現代ように性に閉鎖的で貞操を守るようになったとされている、
それまでの日本人は婚前交渉も当たり前で性に対しておおらかだったようだ。

では第二次世界大戦中はどうだろか?

この時代は慰安婦と呼ばれる女性たちが活躍した。彼女たちが慰安婦として働くようになったのは、やはり貧困が原因のようだ。
しかしこの時代の慰安婦は兵隊の為の風俗という意味で「戦時売春婦」と呼ばれ、れっきとしたお仕事で高給で人気のある仕事でもあったようだ。

しかし第二次世界大戦後はトルコ風呂、ピンクサロン、ノーパン喫茶、ホテトル、ホテヘル、マンションヘルス、箱ヘルス、デリバリーヘルス、
性感マッサージと多種多様な性産業が生まれたと同時に風俗に身を置く理由も変わってきた。

平成になると援助交際というのがどこからともなく現れた、世間ではデフレ真っ最中で人々は物を買わないのに、世間の男性は女性にはお金を払う所に目を付けた女性達の苦肉の策であったように私は思う。

この援助交際に女子高生までが便乗してきたのにはどんでもない話だが、コンビニのアルバイト時給700円に対してわずかな拘束時間で数万円になるのだから、一線を超える女子高生が後を絶たなかったのも無理はないが。

だが実際には肉体的にも精神的にも様々な事件を巻き起こした。

そういう女子高生の話は別として。

では現代はどのような女性が風俗業界に身を置くのだろうか?


風俗業界に身を置く女性の理由は?


 風俗業界で働く女性の動機、きっかけは様々だ。

・ホストクラブにハマり、遊ぶお金が足りなくなったため
・結婚して子供を授かったものの離婚してシングルマザーになったため
・大学の学費を稼ぐため
・将来の夢に向けて貯金するため
 
風俗で働く理由を書き出していったらキリがない。

そもそも風俗業界で働く事は、現代社会においてどうなんだろうか?
大きな声では言えない仕事なのはそうかもしれない。

しかし風俗で働く事のメリットも大きいはず

・短時間短期間でお金が手に入る。
・頑張れば頑張るだけお給料も増える。
・時間的・金銭的にも余裕が出てくる。

やはり風俗産業に従事することの一番のメリットはやはりお金でだろう。

そして時間的な余裕もできれば仕事以外にも時間が使える。

子供との時間やカルチャー倶楽部通いやスポーツジムなどに時間を使うのもいいかもしれない。

 

ではデメリットはどうだろうか?

・どんなに頑張っても世間からは認められない。
・あまりに短時間で大金を蓄えることで普通の生活に戻りにくくなる。
・風俗嬢でいれる時間はそう長くはない。
このメリット・デメリットには落とし穴があって、若いうちは稼ぎやすいが、年齢を重ねるとそうはいかなくなり、
今度は人妻風俗店にたどり着くが、ここでも年齢を重ねれば限界となる。

最終的に激安店で安価で働く事になるのだ。

そんな現代の風俗業界でベンチャー的存在であるスターグループを現代の風俗業界で働く女性たちにお薦めしたい。

その理由は
・アリバイ対策がしっかりとしている会社
風俗業界ではローンや、賃貸契約審査が通りにくいとされているが、こちらのアリバイ対策があれば審査は通りやすくなる。
・健全経営の会社である
税金もごまかすことなく納め、犯罪や法律に反することは一切ない。
・在籍中に引退後の生活設計がしやすいように10以上の資格取得が可能。
・オプション含めて高額バックがあるので給与はどんどん上がる
・お仕事内容も競合のない唯一無二のものだから、他店様とお客様の取り合いがない。
・お客様に紳士な方が多い。
・系列店が全国に40以上・グループ年間広告費10億円

上記で挙げたこと以外にもスターグループには様々なメリットがある。
いま別の風俗業界で働いている女性や、あるいは検討中だという女性は、是非一度面接を受けてみてはどうだろうか。

女性が風俗業界に従事できる時間は短く、その中でどれだけ収入をあげて将来に備えられるか。

それを一緒になって考えて熱烈応援し実績を出している会社がスターグループなのである。

コチラの記事がいいなと思ったらスター(いいね!)しよう
いいね! 1
電話でお問い合わせ ライン応募 応募フォーム TOPへ