あいさんノーハンドで楽しませる人妻の風俗の実際に働く女性の声

あいさん


池袋店先輩女性インタビュー



名前:あい
年齢:30歳
前職:OL
業界経験:ヘルス


前職での不満や悩み、辞めた理由は何でしたか?



OLの頃は後輩と先輩、上司と部下のちょうど間に入るような立場に立たされてしまって、毎日がストレスの連続でした。
サービス残業や休日出勤もかなりあって、
今思い出すと完全なブラック企業でしたね(苦笑)

セクハラやパワハラなんかも日常的にあって本当に毎日が辛かったです。
ある日、上司の失敗を押し付けられそうになって、もうがまんできないと思い、
更に上の上司に掛け合って助けてもらいました。
でも、やっぱりその後は会社に居づらくなってしまって。。
最後は思いっきり有給消化をしてやめてやりました(笑)

そこからしばらくは放心状態で、転職活動も行わない中で
ある趣味に出会い没頭してしまいました。
その趣味で遠方に出かける回数や日々の時間を費やすうちに
今までのような一般の職では続けられないと思い、
一念発起で風俗業界の門を叩きました。

ですが、当然そんな甘いものではなく、お客様との関係の中で
ストレスが溜まっていってしまいました。
当時のお店ではまずスタッフとの関係がうまくいきませんでした。
お店側の都合で出勤が勝手に週6日12時間という形にされてしまい、
不満を口にしても脅し半分、笑い半分で聞き流されてしまい、
まったく相手にしてくれません。

趣味の為の仕事であったはずが、いつの間にか仕事一色になってしまっていましたが、
最後まで何もいえませんでした。
ですが、元々男性とコミュニケーションをとる事は苦手ではなく、
2ヶ月程たつと自分で言うのもおかしいかも知れませんが、
徐々にお客様が増えていき、生活が豪華になってしまっていました。
しかし、今度は女性たちからの嫌がらせにあい、
小物や消耗品など少しずつ無くなっていったり、減っていたり。。。

スタッフに相談もしましたが、何もしてくれず、『あなたが何かしたんじゃないですか?』
とまで言われてしまいました。
そこまで言われてしまうと呆れて何もいえませんでした。
そのお店を辞めるきっかけを作ってくれたのは、
店で唯一話しかけてくれた友人の『M』でした。

当時私は女性の日になっても1日も休まず、出勤をしていました。
風俗業界が始めてでしたので、それが普通なんだと思っていましたし、
他の女性の意見も聞けずにいました。
ある日『M』と話をしているとその話になり、
今までが普通ではないんだと知ることが出来ました。

今までは本当に都合のいいように使われていたんだなあ
改めて気づかせてもらいました。
『M』は今までは私の希望で出勤していたと思っていたようで、
事情があるだろうからと聞かないでくれていたようでした。

何も言えない私とは違い、彼女は物事をしっかり伝えることが出来る女性でしたので、
彼女と一緒に今までの出勤のこと、物を取られていることを伝えてしっかりと抗議してくれて その日はそこで改善をするという約束をしてもらい解決したかに思えました。

しかし、少し経つと系列店との移動でスタッフが総入れ替えし、そんな約束は守れないし、
前と同じように働けといわれ愕然としました。
その時はさすがの私もカッとなり強く言い返しましたが、受け入れてはくれず、
後日、2人で抗議して完全な円満とは行きませんでしたが、
何とかそのお店を辞めることが出来ませんでした。


ネット検索やホームページで気にした点はありますか?



正直HPは見ていません(笑)
ノーハンドはその友人『M』の紹介でしたので、
私は友人に言われるがままでした(汗)
なんとなくですが、漫画があって楽しく読ませて頂いた(笑)のと
赤が際立っていたという記憶しかありません。
申し訳ないですが、、、


面接を経て、最終的にノーハンドで楽しませる人妻を選んだ理由は何ですか?



この理由も友人『M』の紹介という形でしたし、それが大半の理由でした。
前のお店の話を熱心に聴いてくださって、前のお店の対応にビックリされている感じでした。
あと、家からの通勤が池袋ですと便利がよかったことと、
前の店とはスタッフの方の外見が(失礼な言い方になってしまったら申し訳ありませんが。。)普通でした(笑)
正直怖い外見の方が平均だと思っていたのですが、
後になっていろんな方と会ったり、話したりしましたが、
皆さん普通の若い方、おじ様でした(笑)



東京人妻風俗店を探している女性、働こうと考えている女性へのメッセージをお願いします



いい友達を見つけてください(笑)
というと簡単ですが、私は本当に人との出会いに昼職のころから
恵まれていなかったので、心からそう思っています。

もちろんお客様やスタッフの方でもいいと思いますが、
『この人について行こう』『この人を信じよう』という出会いは
逃してはいけないなと思います。
そんな人が現れてくれたからこそ今も仕事を続けていけていますので。



お金の体験談、高収入だから実現できたプチ贅沢、先輩女性の本音にインタビュー






人生で一番お金で困ったお話!貧乏体験談をお願いします(笑)



OL時代に友達と住んでいた時期があったのですが、
そのときに友達がいきなり行方不明(笑)になってしまい家賃を一人で払うことになってしまった時。

貧乏というよりは、1ヶ月で早急に引越しをしなければいけなかったために、
昼間の仕事と3つのバイトを掛け持ちしました。もちろん会社には内緒ですが。
1ヶ月間は睡眠時間が平均で2時間も無かったと思います。
引っ越しは出来たのですが、家電等も一人用のものに全て買い換えたため、
カードも使ってしまいましたので、しばらくは掛け持ちのアルバイトを続けなければいけなく、
睡眠時間がほとんどないような状態を半年以上続けることになってしまいました。
貧乏体験談ではありませんが、友達とお金と時間を奪われた大変な日々でした。。


一般職で働くお友達の年収と、あなたの現在の年収を教えてください



友達は460万~500万
自分は900万~1000万


人生で一番贅沢した旅行体験談を教えてください



家族を連れて行ったスペイン旅行ですかね。
1週間行ってセビリヤ・マドリッド・バルセロナと回りました。
泊まりは全て3ツ星ホテル、食事も3ツ星レストランをいくつも周り、だいぶ贅沢と親孝行をしたと思います。
ずっと行きたい国でしたので2年ほどスペイン語を勉強していきましたが、
まだまだ満足のいくレベルでは無かったので、もっと勉強をして今年こそはもう一度旅行に行き、
前回行けない、体験できなかった夢を叶えてきたいと思います。


3年後の目標貯金額や目標年収を教えてください



具体的な金額は決めていないのですが、
趣味に使う分と毎晩飲んでも残る分は稼いでいきたいと思っています!
コチラの記事がいいなと思ったらスター(いいね!)しよう
いいね! 0
電話でお問い合わせ ライン応募 応募フォーム