岡山回春性感マッサージにはステキな女の子と、それを応援する男性スタッフがいます。

周辺の地域はこちら

営業サイトはこちら

男性求人はこちら

営業サイトはこちら

男性求人はこちら

衝撃の女の子!岡山回春性感マッサージ倶楽部でのステキな出会い

岡山回春性感マッサージ倶楽部のS野です。


私はここへ来る前、
ギフト関係の小さな会社でウェブデザイナーをしていました。


広告関連の仕事で風俗業に興味を持ち、
次第に転職を考えるようになり、ここへたどり着きました。


前職は一般の企業でしたが、
何年か働くうちに理不尽だなと思うことや、
人間不信に陥ることも多々ありました。


ウェブデザイナーといっても、関係ない雑用を任されることもあり、
ウェブデザインだけに集中できると言うわけではありませんでした。




与えられた仕事をただ必死にこなす日々を送ってきましたが、
だんだんそれでいいのかと疑問に思うようになり、
会社を離れる決意をしたのです。


風俗業界に興味を持ったのは、
自分自身も風俗が好きだったからです。


最初の頃は慣れないことも多く、
いろいろ戸惑いましたが
今はたくさんの女の子との出会いが僕を成長させてくれました。


その中でも特に印象に残った女の子のことを、
今回はお話ししようと思います。

 



その女の子が岡山回春性感マッサージ倶楽部にやってきたとき、
僕は衝撃を受けました。


それは、その女の子が特別美人だったとか、
何かキラリと光る才能を感じたからとか言うわけではなく、
あまりにも普通すぎたからです。



風俗嬢と言えば派手な服に派手なメイク。

一目でそれとわかる女の子が応募してくるものだと思っていました。


その女の子はメイクも薄く、
髪も染めておらず、
服装も冴えないワンピース姿で、
どこからどう見ても地味な女の子でした。


正直、僕がお客さんだったら、
こんな女の子には当たりたくないなと思うほど、
冴えない感じだったのです。


その女の子とは、
僕がドライバーをするときにたまに会うくらいで、
会話も挨拶程度でした。


というのも、
彼女は異常に無口で
車に乗っている時もほとんど僕と話そうとはしませんでした。


僕は気を遣って彼女に話しかけるのですが、
返ってくる返事が大体「はい」か「いいえ」なので、
こちらもだんだん疲れてしまい、
徐々に会話が減っていきました。


こんなコミュニケーション能力で
彼女が風俗嬢として本当にうまくやっていけているのかなあと
心配になるほどでした。

美しい女性


案の定、あるお客さんからクレームが入り、
彼女は愛想が悪いから他の女の子とチェンジしたいと
言われてしまいました。


僕はそのことをやんわり彼女に伝え、
どうにか改善してくれと頼みました。


すると彼女はしばらく黙り込み、
ついには泣き出してしまったのです。


僕も女の子を泣かせてしまったという失態に、
ショックを受けました。


そして彼女はその後しばらく
お店を休むことになってしまったのです。


僕は責任を感じて、たびたび彼女に連絡を取りましたが、
無視をされました。


このまま彼女はやめてしまうんだろうなぁと
肩を落としました。

女性に対する不安


しかし突然、彼女から連絡が入りました。


今日から復帰したいと言う旨でした。


事務所に来た彼女を見て、僕は驚きました。


髪は茶色に染められており、
毛先はアイロンで巻かれていて、
メイクは今風、
服もあか抜けた感じになっていたのです。




初めて彼女を見たときの衝撃とは真逆で、
「この子を売り出したい」
という熱い思いが湧き上がりました。


今思えばそれは、
彼女の外見の変化に感動しただけではなく、
彼女のやる気に感化されたのだと気付きました。


彼女はその1カ月間、
自分なりに試行錯誤を重ね、
売れるためにはどうすれば良いのか
という結論にたどり着いたのです。


「長い間お休みをもらってしまい申し訳ありませんでした。
これからがんばります。」


彼女の方から初めて話しかけてくれたのはもちろん、
そのハキハキとした口調には闘志がこもっているようで、
僕は心を揺さぶられました。


その後の彼女の快進撃がすごかったです。


過去のクレームとは打って変わって、
お客さんからは絶賛の嵐でした。


自己紹介からさりげなくお客さんのプレイの好みを聞き出し、
要望を叶えるために一生懸命仕事に取り組んでいました。




写メ日記はいつも文字ギッシリ・絵文字たっぷりで、
読み応えのあるものでした。


しかも彼女は自分でお客様ノートを作り、
その日のプレイやお客様の趣味趣向などを記録し、
次の接客に役立てていました。


初めてのお客さんに入る時は
電話のときの対応やどんな感じの女の子が好きそうなのかを
男性スタッフに聞いたりして、
できるだけ好みに沿うような女の子を演じ分けるなど、
涙ぐましい努力を見せました。


今では僕が、
予約電話で好感を持たれるコツなどの男性対応や
風俗市場調査など、
いろいろな面で勉強させてもらっています。


もういちど岡山回春性感マッサージ倶楽部に
戻ってきてくれたことにも感謝していますし、
挫折しても人は何倍も成長して立ち直ることができるという
希望まで彼女に教えてもらいました。


僕が岡山回春性感マッサージ倶楽部で頑張れているのは、
こうした女の子の頑張りをたくさん見ているからかもしれません。

コチラの記事がいいなと思ったらスター(いいね!)しよう
いいね! 0
電話でお問い合わせ ライン応募 応募フォーム TOP