風俗求人は自分にあったお店を選ぶことが重要です!

周辺の地域はこちら

営業サイトはこちら

男性求人はこちら

営業サイトはこちら

男性求人はこちら

タカとユージは女性の年齢を当てられるのか?

横浜は数多くのドラマ・映画の舞台になった町です
その中の一つに「あぶない刑事」があります。

「あぶない刑事」は80年代に放送開始した、タカとユージの刑事コンビの破天荒な活躍を描いた刑事ドラマです。
当時の小学生は皆、柴田恭兵のペンギン走りをマネしていましたね(^_^;)



第16話「誤算」とは?


第16話「誤算」は伊勢佐木町にニトロが仕掛けられる物語です。
ニトロによる爆破を阻止するため、タカとユージがイセザキモールを走り回ります。

ニトロが仕掛けられたのは伊勢佐木町の「星の塔」です。(現在は解体されています)
また劇中に出てくるお店は、イセザキモールの喫茶店「よんちょうめ」です。

銃撃戦あり、格闘シーンあり、バイクアクションあり、最後は始末書書いて終わるというお馴染みの展開ですね。

問題はこの回の冒頭のシーンです。
タカとユージとカオルの3人がバーで、女性客の年齢当てクイズをやっています。
店内に入って来た女性の年齢を3人が予想し、本人に実年齢を確認しに行くという、極めて失礼なゲームです。
尚、このシーンではタカは女性をお持ち帰りし、ユージは女性からビンタされるというオチがつきます。

・・・当時は大らかな時代だったので許されていたようですが、今だったら抗議が来そうですね^^;



◯◯歳なんですが、大丈夫ですか?


風俗で働こうとする女性の中には、年齢を気にする方も多いです。

応募する際に
「◯◯歳ですが大丈夫ですか?」
「◯◯代でも働けますか?」
と確認してくる方が多くいらっしゃいます。
それは少なからず、年齢で断られてしまう店も存在するからです。

10代後半~20代前半が多く在籍するお店、いわゆる「若専」のコンセプトのお店の場合、
30代・40代の女性が面接に行っても、採用されることはまずありません。

また仮に採用になったとしても、そういったお店のお客様はやはり若い女の子を求めているので、
30代・40代の女性が在籍しても、指名を取るのは非常に難しいと思われます。

風俗店選びの際には、自分の年齢にあったコンセプトのお店を選ぶことが重要となります。



当店は年齢はお気になさらなくても大丈夫です!


当店は見た目年齢を重視しております。
なので、年齢は気にしていただかなくて大丈夫です!
お姉さんにリードされたいというお客様も多いので、大人な女性が喜ばれることも多いです(*^^*)

また、M性感は「技術」や「プレイテクニック」を楽しまれるお客様が多くおられます。
しっかりと学んでいただければ40代以上でも20代、30代と変わらず稼いでいただける業種になりますので、ご安心いただければと思います。



充実の講習・接客マニュアル完備


M性感というと、難しそう、怖そうというイメージをお持ちかと思いますが、当店はSM店のような内容とは違い「お客様に気持ちのいい受け身を楽しんでいただく」というお店ですのでハードなプレイは一切ございません!

当店は未経験の方でも安心してお仕事スタートできます!(*´∀`)
在籍の8割以上が「M性感のお仕事が初めて」という方ですし、女性講師による丁寧なレクチャーもございます。
DVD・マニュアルも完備しておりますので、未経験でもすぐに稼いでいただけるようになります。

また、当店独自のサービス内容ですので、未経験者・経験者の方でも皆様スタートは同じになりますのでご安心くださいませ。



痴女性感フェチ倶楽部のお給料は?


気になる当店のお給料ですが、
60分 9,000円~15,000円
75分 11,000円~17,000円
90分 13,000円~19,000円
(+本指名料 2,000円)
※新人期間中だけ、60分 8,000円

という形で、頑張った分だけお給料が上がるシステムで、お時間帯にもよりますが平均日給は3~5万円となっております。
実際のお給料明細が下記URLからご確認頂けます、ぜひ一度ご覧くださいませ(*^^*)
https://star-group.co.jp/job/chijo/yokohama/salary/

これほどの高い給与設定ですが、
キス、フェラ、お触り、全裸なしというソフトサービスを実現しています!

幅広い年齢層が在籍していて、未経験でも大歓迎、ソフトサービスでお給料はヘルス並。
このような風俗店は他にありません。
お店選びは是非、「横浜痴女性感フェチ倶楽部」がお勧めです!(*´ω`*)



タカとユージその後


2016年、「あぶない刑事」は劇場版にて完結となりました。
このシリーズは放送開始より30年間続いたことになります。

しかし、今も横浜の町をあの二人が走り回っているような気がしてなりません。

コチラの記事がいいなと思ったらスター(いいね!)しよう
いいね! 0
電話でお問い合わせ ライン応募 応募フォーム TOPへ