仙台痴女性感フェチ倶楽部で働く21歳女性が教える、おトクなポイントとは?

周辺の地域はこちら

営業サイトはこちら

男性求人はこちら

営業サイトはこちら

男性求人はこちら

仙台痴女性感フェチ倶楽部で働く女の子はこんなにトクをしていた!

こんにちは!

仙台痴女性感フェチ倶楽部のスタッフです。

本日は
仙台痴女性感フェチ倶楽部で働くY美さん(21歳)に
当店の魅力について語っていただきました。

仙台痴女性感フェチ倶楽部で働き始めてから
周りに優越感を感じ始めたというY美さんの体験談
必読です!




―Y美さんよろしくお願いします。

「Y美です。
仙台痴女性感フェチ倶楽部で働き始めて1年とちょっとになります。
よろしくお願いします。」

―Y美さんが仙台痴女性感フェチ倶楽部で働き始めたきっかけは何ですか?

「ちょうど大学が夏休み前で、なにか手っ取り早く稼げる仕事を探していたんです。
時給が高い短期バイトや派遣のお仕事も候補に挙げていたんですが、だいたいどこも8時間くらいは拘束されるようなところばかりで。
そうなると、せっかくの夏休みなのに友達と遊ぶ時間もなくなってしまう。
効率よく稼ぎつつ、遊びの時間も確保できるというお仕事を絞ったら、やはり風俗かなって。」

―Y美さんは風俗が初体験ということですが、風俗で働くことに抵抗はありませんでしたか?

「私の母が水商売をやっていたので、風俗で働くことはそこまで抵抗はありませんでした。
私自身が末っ子ということもあって、性格的に年上の男性から可愛がっていただけることが多く、男性相手のサービスにも苦手意識はありませんでした。
友達が時給900円の販売のバイトをしているのですが、金額に見合わない仕事量と人間関係の悪さでいつも愚痴を言っているので、むしろそういった低賃金のほうに抵抗があります。」

―仙台痴女性感フェチ倶楽部のお仕事は、給与と見合わないと感じますか?

「いいえ、それはまったくありません。
仙台痴女性感フェチ倶楽部のサービスはデリヘルとかのサービスとは違って、かなりソフトなんです。
トップレスにはなるんですけど、全裸にならなくていい風俗って珍しくないですか?
それに加えて、キス・フェラ・男性からのお触りがありません。
お店のシステムを分かってなくて、これらを求めてくるお客様もたまにいらっしゃるのですが、禁止だという旨をきちんと説明すればちゃんとやめてくれます。
過剰なサービスをお店から強要されることも絶対ありませんので、本当にソフトなサービスだけできちんと稼ぐことができています。
仙台痴女性感フェチ倶楽部の給与システムはちょっと変わっていて、他の風俗店みたいに出勤日数と勤務時間、本指名の数だけでポイントが上がるわけではないんです。
短時間の本指名が多い人も、長時間の本指名がたまにある人も正当に評価されるように、1ヶ月の本指名の総数ではなく、本指名の接客時間を分数に換算されています。
詳しくはホームページをご覧になってください。➡給与システムについて


―説得力がありますね。
では、仙台痴女性感フェチ倶楽部のお仕事を始めてみて、何か難しいと感じたことはありましたか?

「最初は痴女プレイ自体が難しいなと思っていましたが、やってみたら意外と出来ました。
痴女といっても、ものすごくエロくなる必要はないし、SM女王様みたいなことをするわけではないので、ほとんど普通のプレイと同じです。
お客様はM寄りの男性が多いので、少しSっ気を出す必要がありますが、そのあたりはAVで勉強しました。
言葉攻めのバリエーションやフェザータッチのやり方とかは、ある程度は研修でしっかり教わるんですが、他の女の子と差をつけるために色々と勉強してますね。
ツイッターで手コキセミナーというのを見かけたので、参加してみようかと思っています。」

―向上心が素晴らしいですね。
仙台痴女性感フェチ倶楽部の一押しポイントなどはありますか?

「そうですね……給与水準が高いのは言うまでもないんですが、仙台痴女性感フェチ倶楽部では入店時に下着がもらえます。」

―お店からの下着のプレゼントは珍しくないような気もしますが……?

「そうなんですけど、あらかじめお店が用意した間に合わせのような下着じゃなくて、ちゃんと自分で選んだものを買ってもらえるんです。
私は当時子どもっぽい下着しか持っていなくて、どんな下着が男性受けするのか分からなかったので、スタッフさんと相談した上で購入できて助かりました。
あと、携帯電話の貸し出しもあります。
お店へのコールなど、自分の携帯からかけるものだとばかり思っていたので、こちらも助かりました。
プライベートの携帯からお店に電話かけるのって抵抗ありますよね。
マナーの悪いお客様は滅多にいないんですが、ごく稀に携帯をのぞき込んでくる人がいるんですよ。
そういうとき、お店用の携帯電話なら安心ですし、番号聞かれても、『お店用ですから』って言って断れますね。
地味にありがたいですよ。」

―なるほど(笑)
それでは最後に、仙台痴女性感フェチ倶楽部で働くことを検討中の女性に一言お願いします。

「仙台痴女性感フェチ倶楽部は、嘘偽りなくしっかり稼ぐことができるお店です。
それは、スタッフさんの支えがしっかりあることと、女の子が頑張れる環境が整っているからです。
仙台痴女性感フェチ倶楽部は、私のようなまだまだケツの青い小娘もいれば、酸いも甘いも嚙み分けたベテラン女性も活躍されていますので、年齢や経験で身構えずに、思い切って応募してみてください。
一緒にがんばりましょう!」

―Y美さん、ありがとうございました。
もし興味を持たれましたら、お電話やLINE@でご相談も承っております。
ご応募を楽しみにお待ちしております。



コチラの記事がいいなと思ったらスター(いいね!)しよう
いいね! 1