岡山痴女性感フェチ倶楽部はお客さんにご好評いただいております。

周辺の地域はこちら

営業サイトはこちら

男性求人はこちら

営業サイトはこちら

男性求人はこちら

岡山痴女性感フェチ倶楽部人気風俗嬢E子と指名客Sさんの対談

こんにちは!
今回は岡山痴女性感フェチ倶楽部の人気風俗嬢E子さん(26歳)と、その指名客Sさん(35歳)の対談をご紹介します。




E子→赤 Sさん→青

「初めまして、岡山痴女性感フェチ倶楽部のE子です。」

「E子さんの常連のSです。よろしくお願いします。」


お二人の出会いはいつごろからですか?



「Sさんとは新人のころ初めて接客に入ったときからのお付き合いです。」

「そうだね。もう2年になります。」

「あのころは私本当に未熟な新人だったんですが、Sさんが優しくしてくれたおかげで成長できたんです。」

「新人の時のE子ちゃんは本当にひどかった……。」

「えへへ!」

「緊張しすぎてたせいか挨拶はしないし、プレイもガチガチで全然気持ちよくないし、時間も足りなくなるし、とにかく最低だったよね。」

「えへへ!」


そこからなぜ指名をするようになったんですか?



「ひどすぎて逆に面白そうだなって思って、指名するようになったんだ。」

「そうだったんですか……。
てっきり、外見か何かを気に入ってくださったんだと思ってました。」

「いくら外見がよくても、なかなか指名には結びつかないよ。
それよりも、出来の悪い子を育てることに興味がわいたんだ。」

「出来の悪い子……。
確かに、新人の頃はやる気がなくて、研修もそこそこで、お客さんにも失礼な態度をとっていたと思います。」

「お金の為に嫌々風俗の仕事をしているといった感じだったよね。」

「そうなんです。
あのころ新車がどうしても欲しくて、そのために岡山痴女性感フェチ倶楽部で風俗を始めたんです。
元々男性を接客するのが得意というわけでもなかったし、仕事に行くのが毎回憂鬱でしたね。
でも風俗の仕事に慣れてきたころ、Sさんみたいな指名客もだんだん増えてきて、自分のプレイが認められてきた気がして、ちょっとずつ楽しくなってきたんですよね。」

「そういえば、あるときから急にプレイが良くなった気がするんだけど、何かあったの?」

「風俗の仕事はここが初めてだったから、自分のプレイにどうしても自信が持てなかったんですよね。
周りには他店から移ってきた女の子もいたし、そういう子はやっぱりお客さんからの評判も良い。
指名数が伸び悩んでいた時期に、プレイの仕方を見直したいと女性講師の方に相談したんです。
そうしたら、私が納得するまで講習に付き合ってくださり、接客面でもプレイのやり方もレベルアップすることができたんです。」

「そうだったんだね!
全然知らなかったよ。
E子ちゃんは実は努力家だったんだね。
それにしても、そうやってすぐに相談に乗ってくれたり講習をしてくれる制度がある風俗店って珍しいよね。
新人の研修ですら適当なところがほとんどだと思ってたよ。」

「スターグループの待遇はすごいですよ。
他から移ってきた女の子は岡山痴女性感フェチ倶楽部のお給料や厚待遇に満足していますね。
私はここしか知らないですけど、ネットとかで求人情報を見る限り他に移ろうとは思いませんし、現状で満足しています。」

「E子ちゃんって飽きっぽいところがあるけど、岡山痴女性感フェチ倶楽部での勤務が長続きしているのは待遇の良さがあるんだね。」

「そうですね。
でもそれだけじゃないんです。
岡山痴女性感フェチ倶楽部は完全会員制ですからお客さんの質がすごくいいんです。
Sさんもその一人です。
私のダメなところを面白がってくれる懐の深さや、初回からずっと指名してくださる信頼関係など、仕事をする上でとても支えになっています。」

「しっかりしたことを言うようになったね。」

「岡山痴女性感フェチ倶楽部は風俗嬢としてだけではなく、人としても成長させてくれました。
それは、お客さんやお店のスタッフさんがこんな私を見捨てずに粘り強く育てようとしてくれたおかげだと思います。」


今後の目標などはありますか?



「今後も引き続き、お客様一人一人を大切に接客していきたいです。
体が疲れているとどうしても流れ作業のような接客になってしまうので、そうならないように体調にも気を配っていきたいですね。
指名が増えるとお給料に反映されるのでモチベーションが上がるし、なにより自分の仕事ぶりが認められているのが数としてハッキリ分かるので励みになります。
新人のころは余裕がなくて見えなかったことも、今は広い視野で見ることができます。
例えば、お客さんの好みに合わせたプレイをするとか、好みのキャラを演じるとか。
そういうのは、お客さんとしっかり向き合っていないと出来なかったりしますので、トークや挨拶などの基本的なとこも手を抜かずにやっていきたいですね。」

「なんか、E子ちゃんの成長ぶりを目の当たりにして目頭が熱くなるよ……。
僕の見る目に間違いはなかった。
これからも応援するね!」

「ありがとうございます!」



このように、岡山痴女性感フェチ倶楽部では風俗嬢とお客さんの関係も良好なのです。

あなたも岡山痴女性感フェチ倶楽部で風俗スキルを磨きませんか?
ご応募お待ちしております!



コチラの記事がいいなと思ったらスター(いいね!)しよう
いいね! 0
電話でお問い合わせ ライン応募 応募フォーム TOP