病気の心配をせずに稼げるM性感で働くスタッフ紹介

周辺の地域はこちら

M性感で働く男子スタッフの日常と女性との関わり方

当店のスタッフブログを見ていただきまして有難うございます。
今回のスタッフブログは、 自他ともに認めるいつも元気なスタッフのNが担当をさせていただきます。
まずは、当店のスタッフの紹介をさせていただきたきます。

朝の時間、9:00~19:00までは、 見た目はワイルドに見えますが、 実はかなりの繊細な心の持ち主、
そして、 カブトムシでさえ触るのが怖いというギャップのかたまり男。
夜の時間、19:00~朝5:00までは、 見た目はナイスダンディぽい(笑)ピンクの服が大好きな
ナイスミドル?
夜の時間はもう一名20:00~6:00までは、 シルベスタ・スタローンのような体をしているが
中身はおネエ、 ニックネームは筋肉おネエもしくはキャサリン。
そして、 このブログを書いている神戸痴女で一番元気な店長のNです。
自分のことを書くのは少し難しいので神戸痴女の女性や他のスタッフからよく言われるのは
見た目がちょっと怖そうと言われます。
実際のところはといいますとちょっと怖いかもしれません(笑)
自分では、心優しい好青年だと本気で思っているんですけどね。
以上の個性が少し強い4名のスタッフで店舗を運営しています。

最近の神戸店ではスタッフ4人全員、 金髪になるというなかなかファンキーな出来事が起こりました。
なぜ、 こんなことが起こったのか?
1. 事務所の雰囲気がなんか暗い気がしたからスタッフの頭を明るくした。
2.なんとなく面白いかなと思って店長が無茶ぶりをした。
3. このブログを書くためにネタを作った。
正解は、 1,2,3のどれでしょう?
どれも不正解のような3択ですが、 
ちゃんと正解はあります。
答えは・・・

1番の 事務所の雰囲気がなんか暗い気がしたからスタッフの頭を明るくした。
こんな理由で金髪にされるスタッフには少し申し訳ない気がしますが、
実際に金髪効果で事務所の雰囲気が明るくなりました。
女性が仕事の合間に唯一ゆっくりできる場所、 それが事務所です。
事務所の雰囲気が暗いと居心地の悪い場所になってしまうので、事務所の雰囲気が少しでも
良くなるようにしています。

私は仕事をする上で一番に女性がいかに気持ちよくお客様のもとへお仕事に行けるかを考えています。
そのためには、 自分の仕事の段取りを考えるのではなく女性がいかに気持ちよくお客様のもとへお仕事に行けるかを
考えています。
女性は今から接客をするお客様のことで頭がいっぱいなのだから当然といえば当然のことですよね。
そして、僕たちがどれだけ女性のことを考えられるかで信頼関係が決まってくると思っています。
信頼関係がなければ仕事がやりにくくなるので、 スタッフが女性のことよりも自分の仕事の
段取りを優先させたときは、きつく注意をするようにしています。
どのスタッフも自分よりも女性を優先することで今はすごくいい信頼関係で仕事がお互いに
出来ていると思います。
だから、全員が金髪になったときも楽しそうにスタッフをいじってくれたので
事務所の雰囲気が明るくなったと思います。
話しは変わりますが、 最近神戸店ではグラビア写真の撮影会を行いました。
普段はスタジオで撮ることが多いのですが、 いい女性にはやっぱり高級ホテルの部屋や
装飾品が似合うので年に1~2回高級ホテルで撮影会を行います。
専属のメイクさんに来ていただいたのですが、これは神戸店では初めての試みでした。
女性とメイクさんが合わなかったらどうしようとか、 変なメイクをされたらどうしようとか
当日まではいろいろと悩んだのですが、いざ撮影が始まると今まで何を悩んでいたんやって
いうぐらい順調に撮影が進み、女性からもメイクさん呼んでくれてありがとうって言ってもらえ
ほんとうに楽しい撮影会になりました。
あまりにもいいメイクさんだったので、これからメイク教室を神戸店でしていただこうかと
ホンキで考えています。
当店の女性はしっかりとメイクが出来ている女性ばかりなのですが、プロの人たちは
最新の情報をしっていますし、 流行にも敏感です。
お客さまと直接お会いする女性には常に最高の状態で綺麗な女性でいてほしいと考えていますので
今でも十分綺麗な女性ばかりですが、今以上に綺麗な女性になってほしいので
頑張ってメイク教室が開けるようにします。
メイクさんもそうですが、M性感は他の風俗と比べると技術が必要になりますので
講習を行ったりして技術を高めるようにしています。
もしプレイに不安なことがあったらすぐにその不安が取り除けるようにしています。
本気で女性がどうやったら一番稼げるかをスタッフ4名で考えています。
ほんまに女性のことをそんなに考えているのか?疑う人もいると思います。
気になる方は一度お話だけでもしてみませんか?神戸まで話をしにいくのが
面倒くさいって人は、そちらまでお伺いしますのでお気軽に言って下さい。

コチラの記事がいいなと思ったらスター(いいね!)しよう
いいね! 0
電話でお問い合わせ ライン応募 応募フォーム TOP