川崎痴女性感フェチ倶楽部は女の子とスタッフの関係も良好です!

周辺の地域はこちら

営業サイトはこちら

男性求人はこちら

営業サイトはこちら

男性求人はこちら

川崎の痴女性感フェチ倶楽部に勤める人気風俗嬢とスタッフの雑談

今回は川崎痴女性感フェチ倶楽部で働く人気風俗嬢R子ちゃん(24歳)と、男性スタッフF田の雑談を覗いてみました。
当店の雰囲気を少し知ってもらえたら幸いです。



R子→赤 F田→青

R子ちゃんがこの店に来てもう3年だね」

「そうですね。あっという間の3年間でした。これからもよろしくお願いします。」

「こちらこそ!……って、対談終わっちゃうよ。何か話そうよ。」

「F田さんとは新人の頃からのお付き合いだから、もう家族みたいで。
毎日しゃべり過ぎて話すことなくなっちゃいましたよね。」

「そんなこと言わないで。
今日は川崎痴女性感フェチ倶楽部の紹介をしてもらうよ。」

「単純に良いお店ですよ。
私はここに来る前、同じ系列の別店舗に勤務していたんですが、川崎のいかにもな繁華街のほうが私には合っていますね。
女性向けのワンルームマンションもお手頃の家賃で住めますし、これから風俗がんばるぞって女の子にもお勧めの土地柄だと思います。」

「R子ちゃんの部屋の雰囲気、写メ日記でチラッと見たことあるけどモダンでいい感じの部屋だよね。」

「そうなんです。一回引っ越したんですけど、知り合いの不動産関係の方に紹介してもらったお部屋なんです。」

「その知り合いってもしかしてお客さん?」

「はい。いつも指名してくださってる方です。」

「ああ、その人の電話よく受けるけど、感じの良い人だよね。紳士的で。」



「そうなんです。
お客さんは基本的に優しい方が多いですし、有名な歓楽街にはいろんな人が集まるので人脈も広がります。
どんな人と出会えるのか毎日楽しみです。」

「R子ちゃんは新人の頃から気立てがよくて頑張り屋さんで、お客さんから愛される素質があるよね。
そういうモチベーションの高さが人気の理由かもね。」

「ありがとうございます。お店やスタッフさんからのフォローが万全なので、安心して働けるおかげです。」

「新人の頃は僕のところにもよく相談しに来てくれたけど、最近はめっきり減ったよね。ちょっと寂しいよ。」

「そうでしたね(笑)
このお仕事を始めた頃は風俗も初めてだったし右も左も分からなくて、F田さんにお世話になりっぱなしでした。
そのおかげで新人時代の辛い時期も乗り越えられましたし、すぐにお仕事が楽しくなりました。感謝していますよ。」

「R子ちゃんは本当に頑張り屋で、自分から進んで講習を受けたり先輩にプレイのコツを聞いていたりしていたよね。」

「はい、みなさん親切に教えていただきました。」

「川崎痴女性感フェチ倶楽部は人間関係がとにかく良好だからね。
分からないことはすぐに聞ける環境です。
もちろんイジメや派閥もありません。そういうところにもスタッフは気を配っています。」

「うちの女の子って意外と個人主義な人が多いから、あまり深い付き合いにならないんです。
仲良くなった子と仕事帰りにゴハンとかには行きますけど、わざわざライン交換しなかったり、詳しい個人情報を聞かないようにしています。
こういう仕事だから聞かれたくない子もいるだろうし。
男性に対してだけじゃなく。女の子に対しての気配りも身につきました。」

R子ちゃんは僕ら男性スタッフに対しても優しいよね。
差し入れにプリンを持ってきてくれたり、バレンタインには毎年プレゼントをくれたりね。
媚びとかじゃなくて、思いやりを感じるんだよね。」

「男性スタッフさんにはいつもお世話になっていますし、男性スタッフも女の子も含めて、川崎痴女性感フェチ倶楽部の皆さんには気持ちよく働いていただきたいんです。
お店の雰囲気はそのままお客様にも伝わると思うので。」

「そうだね。
僕もいろんなお店を周ってきたけど、職場のギスギスした人間関係は本当になんのトクにもならないよ。
だからこそ必要な距離感もあるし、ときには壁を作ることだって必要になると思う。
風俗の仕事は一般企業の雰囲気とはちょっと違うから、なにもかも曝け出すことがベストだとは言いきれないよね。
同業者への思いやりが大切だね。」

「そうですね。
その結果、お互いの本名も知らないけどいつの間にか家族みたいな信頼関係が生まれていたりしますよね。
不思議です。
お客さんへの対応にも同じことが言えます。
昔は、会話を繋ぐためにお客さんの情報を根掘り葉掘り聞いちゃってたんですが、やはり嫌がる方もいて反省しました。
逆に私のことを根掘り葉掘り聞き返されても怖いですし。
マンションを紹介していただいた不動産関係者のお客さんとも、不必要な連絡は取っていません
お客さんからも迷惑をかけられたこともありません。
良い距離感があるからこそ、いい関係を築けています。
当たりさわりのない会話をしつつ、その空間を楽しむのがお互いにとってベストなのかなぁと今では思います。」

「自分自身を守るためにそういった気遣いも必要だよね。」

「そうですね。
お客さまもスタッフも、なんでも許し合えるお友達ではありませんからね。」



このように、川崎痴女性感フェチ倶楽部の人間関係はとても良好です。

あなたも良い環境で力を発揮してみませんか?

ご応募お待ちしております!

コチラの記事がいいなと思ったらスター(いいね!)しよう
いいね! 1
電話でお問い合わせ ライン応募 応募フォーム TOP