なぜ中洲は好待遇なトクヨク求人ばかりなの?

周辺の地域はこちら

中洲のトクヨクなら好待遇の求人情報がいっぱい

2018.03.30
クールな外国人女性
中洲といえば全国でも有名な風俗街がある場所で、レベルの高いサービスと風俗嬢を目当てに全国からお客さんが押し寄せます。

そのため、どこのお店も他の地域に比べると良いため求人を探す時には苦労しません。

 

中でも中洲のトクヨク求人は好待遇が多く、バックの高さと稼げるという条件のお陰で希望する女性がそれなりにいます。

なぜ好待遇なトクヨク求人が溢れているのか気になりますね。

 

 

お客さんが多いから



そもそも中洲はお客さんが多い地域として知られており、トクヨク以外の風俗店でも毎日のように多くの男性客が利用しています。

ソープ街では高級店から激安店まで指名で埋まり、デリヘルでも連日電話が鳴り予約を受け付けているのです。

ソフトサービス店では値段の安さを目当てにお客さんが殺到しています。

 

もちろんトクヨク店も全国から訪れたお客さんが利用しており、中洲ならではの質の高いサービスを受けようと期待しているのです。

回春に特化したトクヨクや洗体に特化したトクヨク、はたまた王道の普通なトクヨクもどこで働こうと良い求人に巡り会えるでしょう。

 

お客さんが多いということは、それだけ本指名客を得られるチャンスに溢れている意味でもあります。

中には県外のお客さんばかりで、出張ついでに毎回中洲のトクヨク店を訪れるお客さんもいますが、全体的にリピート率の割合は多いため本指名には困りません。

現地のお客さんもいるのでどうにかなります。

 

中洲で本指名客を獲得するためにも性的サービスのレベルと見た目のレベルを上げて下さい。

どちらも本人の努力次第である程度は良くなるため頑張れば頑張れほど良い結果に繋がるでしょう。

 

 

どこもレベルの高い風俗嬢を求めている



中洲で好待遇なトクヨク求人が出回っている理由はただ単にお店の気まぐれではなくきちんとした理由があります。

客入れが良くどこも売り上げが良いことからより質の高い風俗嬢を獲得しようとしているのです。

同じようなサービスや風俗嬢ばかりでは他のトクヨク店と被ってしまい売り上げは伸びず、いずれ閉店してしまいます。

それを避け、他店と格の違いを見せつけてお客さんを呼び寄せるために質の高い風俗嬢を求人で募集しているのです。

 

中洲のトクヨク店が求めているレベルの高い風俗嬢とは何が出来ればいいのでしょうか。


まず第一に質の高い性的サービスが求められ、洗体サービスからベッドでのプレイまで全てこなせなければなりません。

お風呂やシャワーのサービスで徐々に性的興奮を与え、ベッドで更に性的サービスを提供して射精にまで導くのです。

ムードを盛り上げるためのディープキス、男性が1度はされたいと思っているフェラまで丁寧に行います。

 

接客スキルに関しても大切で、場を盛り上げる会話をしながらお客さんの緊張を解いていくのです。

心の底からサービスを楽しんでもらえるように明るく笑顔で接客をし、会話もお客さんが楽しめる話題にして下さい。

 

 

中でも1番は回春系のトクヨク求人



中洲のトクヨク求人でも1番のおすすめはやはり回春系となり、マッサージのテクニックからトクヨクのテクニックまで全ての学べます。

また、客入りが良いため稼ぎやすい仕事でもあるのです。

 

回春系のトクヨクで必要となるテクニックは、回春マッサージとなります。


回春マッサージとは男性の性感を刺激したり感度を高めたりするためのマッサージで、睾丸マッサージや前立腺マッサージをして興奮させるのです。

どこを突けば男性が性的に興奮するのかも身に付けなければならず、初心者からすると覚えることが多いので大変でしょう。

 

面倒くさがりやには回春系トクヨク求人は向きませんが、将来を考えるとマッサージ技術を身に付けて損はありません。

中洲のトクヨク店では普通のマッサージのやり方も教えてくれるため極めてプロ資格を取る風俗嬢もいます。

現に、トクヨクの仕事を通し現場でマッサージの経験を積んだ嬢の何人かがプロ資格を取得しているのです。

たとえ取れなかったとしてもマッサージを武器に昼職にマッサージ師として転職する風俗嬢もいます。

 

回春マッサージとトクヨクのサービスどちらも体験出来ることから中洲のトクヨクは人気があり、客入りが良いのも事実です。

トクヨク嬢としてのスキルがあるならばすぐに本指名客が付くでしょう。

 

 

まとめ



中洲のトクヨク求人といえば質の高い風俗嬢を多く募集し、レベルの高い嬢目当てにお客さんが殺到します。

中でも回春系はマッサージスキルも身につくのでおすすめです。
コチラの記事がいいなと思ったらスター(いいね!)しよう
いいね! 0
電話でお問い合わせ ライン応募 応募フォーム