福岡・中洲の稼げる高収入メンズエステ求人、天空のマット

周辺の地域はこちら

中洲のトクヨクは求人情報が出ているのはご存知ですか?

2018.03.30
ブロンドヘアーの女性
トクヨクと聞くと特殊浴槽という単語を思い浮かべてエステだと勘違いする人もいます。

中洲ではファッションヘルスのことをトクヨクを呼び、現地で求人を調べようとするとファッションヘルスの欄はなくトクヨクとなるのです。

エステだと勘違いをしてファッションヘルスがない、とならないようにしましょう。


逆に、稼ぐためにエステ求人を探しているにも関わらず間違えてトクヨク求人だけを探し回る、という事態にならないように気をつけて下さい。

 

 

中洲でトクヨクといえばファッションヘルス



中洲てでトクヨクといえばファッションヘルスを意味することは常識です。

初めて中洲まで出稼ぎに行った時にトクヨク求人を見て戸惑うことがないように覚えておきましょう。

 

なぜ中洲ではファッションヘルスをトクヨクと呼ぶというのか少し調べてみました。

ファッションヘルスの部屋に付いている特殊な浴槽を略してトクヨクとしており、エステの特殊浴場とは意味が違います。

 

わざわざトクヨクとカタカナで表記している理由については、介護や医療で入浴を助けるために利用する「特殊浴槽」と分けているからです。


確かに漢字で特浴と書くと勘違いをして利用の問い合わせをするお客さんが増えそうですね。

 

中洲をはじめとした九州ではお風呂がないファッションヘルスでもトクヨクと呼んでいます。

身体を洗い流すためだけのシャワーしか付いていないファッションヘルスもトクヨクで、お風呂付きのファッションヘルスもトクヨクとなるわけです。

 

 

トクヨクではどんなことをする?



トクヨクの仕事内容はいわゆるファッションヘルスと何ら変わりはなく、お客さんと一緒に軽く身体を洗ってからベッドプレイへと移ります。

中洲以外でしかファッションヘルスを経験したことがないという風俗嬢でもトクヨクできちんと働けるので安心して下さい。

 

シャワーだけしかないトクヨクだと軽くて身体を洗うだけでこれといった性的サービスはしません。


泡だてたエステでお客さんの身体やアソコを洗い、軽く身体を密着させてイチャイチャを演出するくらいです。

 

一方お風呂がきちんとあるトクヨクでは、シャワーだけのお店と比べてかなりしっかりサービスを提供します。

浴槽に入るため思いっきり身体を密着させて興奮させることはもちろん、お湯の中でお客さんのアソコを弄るサービスもするでしょう。

詳細については求人に書いてあるトクヨクが多いのでよく確認して下さい。

 

シャワーやお風呂が終わった後はメインのベッドプレイとなり、お客さんの身体に触れながら色々な性的サービスをします。

身体全体に触れて性感を高めさせ手コキを施し、耳舐めやキスをして更にお客さんを興奮させていくのです。

限界まで興奮をしたら最後にフェラや手コキ、素股でフィニッシュとなります。

終わり方については様々なやり方があるので得意な技術を1つは身に付けておきましょう。

 

お客さんによってはオプションを指定するため基本サービス以上のことを行う場合があります。

どのようなさオプションがあるのか、オプションバックがいくら貰えるかは求人か面接で確かめて下さい。

 

 

エステ求人とトクヨク求人を間違えない



中洲でファッションヘルスの求人を探す際に気をつけて欲しい点は、とにかくヘルスとトクヨクを間違えないことです。

トクヨクとエステではバックの額がだいぶ違うため勘違いをして入店してしまうと悲惨でしょう。

 

エステは激安店や格安店でも1万円近くのバックをもらえ、高級店になると4万円以上もの大金が1回で手に入ります。

トクヨクはというと、60分の仕事で1万円もらえればマシな方です。


長時間のコースを指定されると60分でだいぶ稼げますが、1日の予約全てが60分になるとは限らないためエステに比べると稼ぎたいは落ちます。

エステとして入店したつもりがトクヨクで稼げなかった、出稼ぎ先が実はトクヨクでエステではなかった、という風にならないようにして下さい。

 

中洲現地の求人サイトや現地のみで募集している求人についても気をつけましょう。

全国規模の風俗求人サイトは九州地方でもファッションヘルスと表記しているため迷いません。

それが現地のみで展開している求人になると当たり前のようにトクヨク表記となります。

徹底的にトクヨク=ファッションヘルスということを頭に入れておきましょう。

 

 

まとめ



中洲ではファッションヘルスをトクヨクと呼んでおり、求人についても全てトクヨクで出しているところがあります。

エステだと勘違いしないで下さい。
コチラの記事がいいなと思ったらスター(いいね!)しよう
いいね! 0
電話でお問い合わせ ライン応募 応募フォーム TOP