ご新規のお客様を増やさないと始まらないです

  • いいね数:
  • 100
  • 閲覧数:
  • 1699

カテゴリ: Diary

ご新規様の人数が1日10名切っていたら、そのお店は成長しません




まず、これは絶対だと思って聞いてください




もう一度言いますが、ご新規様の人数が1日10名切っていたら、そのお店は成長しません




もし成長しているお店があるとすれば、それは出店して間もない店舗か、よほどスタッフ力が高く、女性のリピート率が良いお店です。だとしても、さほどの成長スピードではないはずです




スターグループのように全国で水平展開を行う上では、スタッフ力に依存しないことが大切なので、自分の頭で考えて完結する方法




つまり、ご新規様の人数を日に10名以上呼び込むことが重要です




同時にリピーター様の満足を考えるとか、どうやってリピート率を上げるのかとか、それも考えますが、それは10年後も100年後も考えるべき商売として当たり前のことだと思います




ですから今は、それは横に置いておきます




会員様がどれだけいようとも、会員様も永遠ではありませんし、ご新規様も全員が会員様になるわけではないですから、そのバランスを見た時に10名は超えていないと、純増はないです




これさえ守れば、あとは時間の経過で年々増え続けますから、それが微増であったとしても前年比割れはしないです




どうですか?できていますか?




昔は10名様いたのですが、今はいません




これは残念ですね




昔の人が頑張っていたからとは断言出来ませんが、少なくとも今の人は何もしてないから来ないのです




もしくは考える量が足りないということです




5年前と比べると競合店が増えているとか、理由はそれが多いと思いますが、ではなぜ5年前は来たのかと言えば、競合がいないところで戦ったからというだけで、そこにお客様がいたからではないわけです




いないところに風俗エステという文化を作るという作業から始まったエリアもたくさんありました




取材をたくさん重ねてもらいましたし、ヘブンネットにおいては「出張エステ」という単独カテゴリがなかったところが多く、多くはSM・性感・エステと、このあたりのニッチな業種が一括りにされていました




今は風俗エステというジャンルが確立したけど、取り合いになっているわけです




では、方法としては




1、まずその競争(同カテゴリ内)で勝てば良い




それ以外にも




2、他カテゴリ内で戦う




3、風俗媒体以外での集客を1日2名でも目指してみる




もっと色々とアイディアもありますが、あまり書くと色々な人が見ていると思いますので、グループ内だけで共有しましょう




どんなエリアでも毎日数百名~数千名の方が風俗店を利用しています




その中で当店が選ばれていないだけの話で、お客様全体が減っているわけではありません




ですから深刻に考えず、もっとラフに、大切なのは




「自分がお客様の気持ちになって考えてみる」ということです




自分が埼玉店のスタッフであれば、埼玉のことは忘れましょう




自分が千葉で遊ぶとか、大阪で遊ぶと仮定して、出張客になったつもりで、どの店で遊ぶか探してみてください




その時の自分の検索の動きや感情が、そのままお客様の行動です




その中に、自分のお店が選ばれる要素はあったでしょうか?




そういったことをグループ内で仲の良い方に依頼して「埼玉の出張客の気持ちになってみてくれない?」とか、「俺は大阪への出張客の気持ちになったら、ここをもっと変えたらお客様が増えると思ったよ」とか意見交換してみたり




もしくは、ご新規のお客様に「何の媒体を見たか?」これを聞くと思いますが、その中でなぜ当店で遊ぼうと思いましたか?って聞いてみるのも良いと思います。その場合は入会金をサービスするとかお客様にもメリットつけたりしながらですね




色々なところにヒントってあります




風俗の媒体の中だけでも凄い数のお客様が毎日探し回っていますから、そこでの綱引きです




負けないように考えれば、負けないように工夫すれば、1日1つの改善するだけでも1ヶ月後にはもしかしたらご新規様の数が倍になっているかもしれません




更新の数を増やしてもお客様の数は増えませんし、更新の内容や時間も大事ですが、そういった毎日毎回頑張る作業は疲れるし大変なので、もっと根本の改善を考えたほうが絶対楽です




同カテゴリの中に10件のお店があるならば、10件の店舗と比較して、勝っているところ・負けているところ、全部書き連ねて確認し、全部勝つように修正しましょう




値段が高いから負けているとは限りません




写真のレベルが低いから負けているとは限りません




その中でも勝っていることもあるはずだし、勝っているように見せることも工夫です




1日たったの10名様のご新規様を呼ぶだけです




贅沢言えば15名のご新規様呼んでみてください




今と他は同じ営業するだけでも、確実に売上あがりますよ
  • LineLINE
  • bookmarkブックマーク
  • 755シェア
  • Twitterツイート
  • facebookシェア